【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 年齢別の薄毛事情を追う

年齢別の薄毛事情を追う

薄毛に悩んでいる男性は幅広いものです。こちらのページでは、年代別にどのような悩みを抱えているのかを調べ、まとめました。

「●●代だからこれが悩みだ!」と一概には言えません。20代でも30代にあてはまることで悩みがあるかもしれませんし、その逆も考えられます。それでも、悩みが具体化することで打つべき対策も見えてくるもの。まずは自分が同年代と似たような悩みを抱えているのか、そうでないのかを把握することは、薄毛改善への第一歩になるはずです。

20代の薄毛の悩み

20代で悩んでいる方の多くは、「これから薄毛になるかもしれない」という将来への不安を抱えているケースが多いようです。

例えば、抜け毛が多くなってきているのを実感することで、薄毛の兆候を察しはじめます。自分より年上の家族や親族の顔を思い浮かべたときに、「このままだと将来薄毛になってしまうのではないか…」との不安に駆られ、薄毛対策を今の内から始めておいた方が良いのではないかと、つい考えてしまうのです。

20代で既に薄毛が進行している人もいるのですが、全体的に見ると少数派。多くはまだ片鱗を感じられる程度であり、「これからの薄毛にならないためにはどうするのか」という不安を抱えています。

まだ薄毛の兆候が表れていない20代は「薄毛なんて先の悩み」という意識が強く、出費はできるだけ抑えたいと思っている人も多いようです。一方で、早くも抜け毛が増え始めるなど薄毛の兆候が見られる場合には、それなりの出費をいとわないと考え、自宅でできるような対策をします。ただし、「クリニックに行ってみよう」というレベルの大きな出費はためらう傾向にあります。

30代の薄毛の悩み

20代が遠い将来への不安であるのに対し、30代は切実な薄毛の悩みを抱えています。

30代に突入すると、すでに薄毛の兆候が始まっているケースも珍しくありません。「薄毛にはなりたくない」という気持ちを抱えているのは20代と変わりませんが、20代の「いずれやってくるであろう薄毛の恐怖」であるのに対し、30代は「目前に迫っている薄毛の恐怖」です。

また、薄毛に限らず20代にやった無理のツケを払わされはじめる30代は、健康・ライフスタイルに関しての不安をより切実に抱えるようになります。薄毛対策を通して、自分自身の健康に関しての興味が増すのもこの年代なので、情報収集に関しても俄然「リアル」です。

一方で、30代は薄毛の悩みに関して切実な人と、どちらかといえば20代の時に近い「まだ薄毛で悩んでいる訳ではないけど将来を考えて」「何となく兆候が見えている気がする」といった人で二極化しはじめ、悩みと費用が比例する傾向にあります。

40代の薄毛の悩み

40代になると、薄毛の悩みはほとんど誰にとっても切実な問題です。ホルモンのバランスががくんと崩れ始めるのも40代から。それが髪にも影響を与え、男性・女性を問わず薄毛の悩みが深刻化してきます。

実際に薄毛で悩んでいる人が増えるのはもちろんですが、まだ薄毛の兆候が見えていないとしても、髪の毛が細くなっているのを見つけて「いずれ自分にもやってくる…」という思いが強くなるなど、薄毛に対して誰もが他人事ではいられません。

既に薄毛で悩んでいる人はどうすれば良いのか真剣に情報収集していますし、ある程度費用をかけてでも実を取ると考えている人も珍しくありません。情報収集でも様々な情報を吟味し、真贋を見極めようとしています。

50代の薄毛の悩み

40代と同様、50代にとって薄毛は誰もが抱える問題のひとつであり、実に50代の4割以上の方がリアルに薄毛に悩んでいるといわれています。

ある美容クリニックが実施した頭髪・頭皮の悩みに関するインターネット調査において、20代・30代・40代男性の一位が「かゆみ」だったのに対して、50代は「薄毛」が一位だったそうです。

一方で、別の意識調査での「自分の周りに同じような薄毛に悩む人がいた場合にその人と薄毛について話したいか」という質問に20〜30代男性のおよそ半数が「はい」と答えたのに対して、「はい」と答えた50代男性はわずか20%程だったことから、「薄毛に悩んではいるが他人には相談しにくい」もしくは「すでに諦めている」という、より深刻な現実に直面している方が多い年代といえるでしょう。

では、薄毛がすでに進行してしまっていたらもう手立てはないのかといえば、そんなことはありません。予防ではなく症状に応じた適切且つ早めの対策が、50代の薄毛対策のポイントといえそうです。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。