【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 年齢別の薄毛事情を追う » 50代

50代

50代で薄毛になる原因

ある美容クリニックが20〜50代の男性600人を対象に行なった頭髪・頭皮に関するインターネット調査の中で、「どのような悩みがあるか」という質問で20代・30代・40代の一位が「かゆみ」だったのに対して、50代の一位は「薄毛」だったそうです。

では、50代の薄毛の原因には、どのようなものが考えられるのでしょうか。

加齢

男性・女性どちらにも共通して言えることですが、薄毛や抜け毛に悩む人の数は当然ながら年代が上がるとともに増えていき、体のあらゆる機能が衰えがちな50代は40代よりもさらに増加するといわれています。

特に男性については、働き盛りの30〜40代に頭皮ケアを怠ったことや、積み重なった疲れやストレスによるホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンの分泌量が増えるなど、様々な要因が重なることで髪が抜けやすくなって徐々に薄毛が進行していくことになるのです。

生活習慣の乱れ

生活習慣病については以前から40代以降の男女ともに増加しているといわれており、社会問題にもなっています。

生活習慣病としてあげられる主な病気には、脳卒中・心筋梗塞・動脈硬化症・糖尿病・高血圧・脂質異常症などがありますが、生活習慣の乱れは栄養不足やホルモンバランスの乱れに繋がることから、薄毛の原因にも当てはまります。

また、喫煙者の割合は1965年をピークに減少の一途をたどっていますが、それでも30〜50代の男性については2018年で35%前後が喫煙をしているという結果が出ています。

タバコを吸うと頭皮の血管が収縮し、毛母細胞への血液循環が悪くなって必要な栄養が届かず、髪の毛が育たなくなってしまいますので、喫煙の習慣は薄毛や抜け毛を引き起こす原因の一つといっても過言ではないでしょう。

AGA

日本人の成人男性のおよそ1/3が薄毛に悩んでいるといわれており、その薄毛の原因の90%以上がAGAであるとされています。

なお、50〜60代にかけて多く見られる症状として「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」がありますが、これらはAGAに分類されます。

AGAの原因は男性ホルモンの増加、遺伝、生活習慣の乱れなどが考えられ、進行性であることから、放置するとどんどん薄毛・抜け毛が進んでいってしまいます。

白髪染め

白髪染めを使用したからといって毛根にまで浸透するわけではないので、薄毛の直接的な原因になるとはいえません。

ただし、白髪染めには色が抜けてしまった髪に色をいれつつその色をキープさせるために、比較的強めの薬剤が使われています。

そのため、繰り返し使用することでに髪にダメージを与えたり、髪の毛のタンパク質が流れ出てしまう危険性があります。

そうなると、徐々に髪が細くなって全体的なボリュームが減ったり、頭皮になんらかのトラブルが起こった際に弱った髪が抜けやすくなってしまい、薄毛につながってしまうこともあり得ます。

更年期

一般的に女性の閉経前後10年間、概ね45〜55歳を更年期世代と呼びます。

更年期を迎えると女性ホルモンの減少などに伴う心身における様々な影響が出るといわれており、その症状の一つとしてあげられるのが薄毛・抜け毛といった髪の変化です。

なお、更年期が原因とされる薄毛の場合、前述したAGAなどと違い、遺伝はほぼ無関係といわれています。

50代で薄毛に悩んでいる割合は?

ページ冒頭のインターネット調査は「薄毛」「白髪」「かゆみ」「抜け毛」「フケ」といった選択肢の中から、複数回答が可能なアンケートです。

その結果として50代の頭髪の悩みの第一位が「薄毛」であると紹介しましたが、その割合は41.7%となっており、50代の概ね4割以上の方が薄毛に悩んでいることがわかります。

また、自身の薄毛タイプに関する別のインターネット調査では、50代男性の42%がM型、23.2%がO型、27.6%がその両方に当てはまると回答しており、50代男性はM型の薄毛が多いようです。

薄毛は年代が上がっていくほど他人に相談しにくい?

薄毛に悩む方は年代を問わずいらっしゃいますが、ホットペッパービューティーが2014年に実施した薄毛に関する意識調査のなかで「自分の周りに同じような薄毛に悩む人がいた場合にその人と薄毛について話したいか」という質問をしたところ、20代男性の58.2%、30代男性の44.8%が「話したい」と回答しているのに対して、「話したい」と回答した40代男性は23.6%、50代男性は20.6%という結果が出ています。

一方で女性の場合は、20〜50代ともに35%前後が「話したい」と回答しています。

このように、薄毛は放置するとますます進行する可能性があるにも関わらず、男性に限っては年代が上がっていくほど他人に相談しにくい悩みであるということが伺えます。

50代の薄毛対策にかけている費用

ホットペッパービューティーが行なった薄毛対策にかけている費用に関するアンケート調査によると、50代男性の「現在かけている費用」は3,411円、「かけてもよい費用」は4,586円となっており、50代女性では「現在かけている費用」は2,862円、「かけてもよい費用」は3,879円という結果でした。

ちなみに、「現在かけている費用」については年代別にみても男女ともに大きな差はありませんが、「かけてもよい費用」だけに限ると20〜30代男性が6,000円台だったのに対し、40〜60代男性になると4,000円台となっており、若い男性ほど薄毛対策への意欲が高いことが推察されます。

参照元:リクルートライフスタイル(https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/beauty/nw24983_20171012)

50代の薄毛予防法

50代ともなると、薄毛を予防したいという方だけでなく、すでにM型やO型といった薄毛が進行している方がいるかもしれません。

では、そういった方を含め、50代の方がするべき薄毛予防にはどんなものがあるのでしょうか。

睡眠の改善

睡眠が足りていないと感じている方は、まずは睡眠不足の改善や就寝時間の見直しを行ないましょう。

人間の睡眠は、レム睡眠(10~30分)とノンレム睡眠(60〜80分)という二つの睡眠を繰り返しており、成長ホルモンの分泌など髪に影響があるのはノンレム睡眠時といわれています。

特に入眠後から3時間以内のノンレム睡眠時に多くの成長ホルモンが分泌されますので、より質の高い睡眠を意識してください。

生活習慣の改善

髪や頭皮の健康を保つには、必要な栄養素の摂取が欠かせません。偏った食事によって栄養不足になると、たとえ血流が良くても栄養が行き渡らないからです。

そこでまずは食生活の見直しをしてみてください。薄毛対策として特に摂るべき栄養素は、タンパク質・ビタミン・ミネラルの三種類。これらを含む食材を積極的に食事に取り入れつつ、脂っこい食べ物を減らすことを心がけましょう。

加えて、喫煙習慣のある方は無理のないペースで結構ですので、タバコの本数を減らしながら徐々に禁煙を実施することをおすすめします。

頭皮環境の改善

頭皮が不潔な状態になっていると、皮脂が毛穴に詰まって髪の成長を阻害します。そのため、洗髪は基本的に毎日行ない、整髪料などを付けたまま寝るといったことがないようにしましょう。

また、シャンプーをしっかり洗い流せていない、一日に複数回シャンプーをするなどの洗いすぎにも注意が必要。できる限り頭皮を清潔な状態に保ち、発毛しやすい環境を整えるようにしてください。

適切且つ早めの対策が肝心

現在薄毛で悩んでいる40〜60代男性を対象に行なった調査によると、「薄毛を自覚してから対策を講じたのでは遅いと思うか」という問いに対して、67.4%が「はい」と回答しています。

また、「20年前に戻れるとしたらどのような対策を行ないますか」という問いには、「規則正しい生活を送る」「育毛剤などを使う」「食生活を改善する」「禁煙する」といった回答が並んでいます。

では薄毛になってしまってからの対策は意味がないかというと、決してそんなことはありません。AGAであれば、適切な対策をすることで進行を止めることは可能だからです。

薄毛対策をはじめるなら、毛根が少しでも元気なうちに早めの対策を行なうのが肝心といえるでしょう。

毛髪再生治療で
おすすめのクリニック
3選

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。