【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 年齢別の薄毛事情を追う » 20代

20代

20代で薄毛になる原因

20代が薄毛に悩む場合、その多くは「AGA(男性型脱毛症)」でしょう。そもそも男性が抱える薄毛の悩みのほとんどはAGAが原因だといわれています。薄毛のすべてがAGAによるものではありませんが、まだまだ新陳代謝も活発な20代は、体の機能の衰えによる抜け毛や薄毛が起きるケースは考えにくく、ゆっくりとAGAが進行しているケースが多いのです。

「まだまだ若いから薄毛とは無縁。」そう考えている20代の方がほとんどでしょう。しかし、20代でも薄毛の症状を抱えてしまう方は少なくありません。若くして薄毛になると、その悩みもまた深刻なものに…。では、20代の薄毛の原因は、どのようなことにあるのでしょうか。

生活習慣・食生活の乱れ

20代で薄毛の症状に悩んでいる方は、まず生活習慣や食生活が乱れている可能性があります。毛髪の成長に必要な栄養素が不足していたり、身体の健全な新陳代謝が低下していることが、薄毛の原因になっている、というわけです。

食生活の乱れは、タンパク質をはじめ、ミネラルやビタミンといった栄養素の不足を招きます。栄養バランスが崩れれば、薄毛の原因になってしまいます。また、アルコールをたくさん摂取する方は、毛髪の生成に必要な亜鉛が身体から不足する事態になりやすいです。

睡眠不足も見逃せません。集中力の低下などをまねくだけではありません。睡眠には、毛髪がつくられる身体の働きに欠かすことができない「成長ホルモン」の分泌に関わっているものですが、スマホやテレビをついつい長時間にわたって利用することで睡眠不足を招いてしまうと、分泌が阻害されてしまいます。

強いストレス

20代の薄毛の原因となりやすいのは、ストレスも同様です。若いとはいえ、様々な悩みを抱えて生活をしていると、強いストレスが心身にふりかかってきます。それが薄毛を招くことになるのです。

強いストレスを受けていると、人間の身体に「自律神経」の乱れとして症状があらわれてきます。精神的なストレスが身体に影響を及ぼすことになるのです。「交感神経」と「副交感神経」から成り立っている自律神経は、両者がバランスを取り合いながら活動することで、必要な身体環境を整えているわけですが、強いストレスにさらされると、交感神経が高ぶり、副交感神経よりも交感神経が優位になる状態をもたらします。

交感神経の優位は、血管の収縮としても現れます。もちろん、頭皮の血流にも悪い影響を及ぼします。こうして薄毛を発症してしまうのです。

AGA

生活習慣の乱れやストレスがなくても、AGAが若者の薄毛の原因になることがあります。よく耳にする「AGA」という言葉ですが、これは「男性方脱毛症」とも呼ばれており、男性の薄毛を引き起こす原因のひとつなのです。

AGAは、男性ホルモンの働きが阻害されることによって発症する症状です。代表的な男性ホルモンである「テストステロン」が、「5αリダクターゼII型」という成分の影響を受けて、頭皮の成長を阻害してしまう、というメカニズムが判明しています。AGAには専門の治療が必要であり、こうなると、生活習慣の改善やストレスの緩和では改善できません。

20代の薄毛対策にかけている費用

20代が薄毛対策にかけている費用は決して高額ではありません。薄毛で悩んでいる20代が取る対策の多くは「シャンプーを変える」「マッサージをする」程度のもの。植毛の知識はあっても、クリニックで薄毛治療ができると知らない20代も珍しくありません。

もちろん人によりけりではありますが、まだまだ切実な悩みを抱えている人は少なく、自宅でできる方法をとりあえず試している、という方も珍しくありません。

20代の薄毛予防法

20代にとっての薄毛予防は、髪にとってよいライフスタイルの構築です。

多少の無理をしても、まだまだ「何とかなってしまう」のが20代。30代や40代では大きな負担となってしまう暴飲暴食や寝不足等も、まだまだ体力がある20代ならそこまでの負担にはなりません。

しかし、食生活の乱れで薄毛が進行するのはどの年代にも共通ですし、20代で続けてきた生活習慣の乱れを30代になったからといきなり正すのは至難の業です。もし薄毛が気になるなら、今のうちに生活習慣を整えておいたほうが良いでしょう。

20代で薄毛の症状を予防するためには、どのようなことが効果的なのでしょうか。AGAの初期症状が当てはまらない方であったり、将来的なAGAの発症を予防しておきたい方にこそ、薄毛予防は適しています。ぜひ若い20代から取り組みたいですね。

栄養摂取・十分な睡眠

20代の薄毛予防で重要になってくるのは、ずばり「頭皮」を健康に保つことです。頭皮は毛髪が生えてくるために欠かせない土台ですから、これは当然ですね。

頭皮を健康な状態にしておくには、タンパク質やビタミン、ミネラルといった「栄養バランスを考えた食事を心がけること」であったり、頭皮に栄養が行き届くように血行を良くしたり、また、24時になる前に就寝して6時間は睡眠をとること、といった対策があります。

正しいシャンプーをする

また薄毛予防で取り組みたいのは、正しい方法でシャンプーを行い、毛髪や頭皮を清潔にしておくことです。シャンプーをする際は、特に頭皮を意識しながらしっかりと洗ってあげるほか、泡をすすぐ時間には、洗う時間よりも3倍は時間をかけてあげるとよいでしょう。

また、一歩踏み込んだシャンプーによる薄毛予防には、育毛シャンプーを選ぶことも効果的です。育毛シャンプーには頭皮を健康にしてくれる成分が含まれていますから、頭皮のトラブルを防ぐことができますよ。シャンプー後には、頭皮マッサージもあわせて行うことをお勧めします。

20代で薄毛に悩んでいる割合は?

20代で薄毛に悩んでいる方の割合は決して多くはないのですが、およそ20~30%はいるといわれており、「将来を見据えて対策をしている率」となると、それなりに高まります。

薄毛そのものの悩みよりも、「これからも薄毛にならないためには何が必要なのか」という、将来的な悩みを抱えている人は少なくありません。

早めの対策が肝心

暴飲暴食や睡眠など、ライフスタイルにおいて若さ特有の無理をしないことが、20代だからこそできる薄毛対策です。だいぶ薄毛が進行している場合は、年齢にこだわらず専門家に診てもらい、医療機関の力を借りて対策を行うのがもっともよい手段でしょう。

まだまだ薄毛の兆候が見えていないとしても薄毛対策を始めることで、今ある髪の毛を長く保つことができます。そのためにも「今は大丈夫」ではなく、「今から始める」という意識を持つことがとても大切です。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。