【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 再生医療以外の薄毛治療 » デュタステリド(ザガーロ)

デュタステリド(ザガーロ)

このページでは、薄毛治療などで用いられている「デュタステリド(ザガーロ)」について紹介しています。特徴や効果、副作用など、気になる情報を網羅しているので、ぜひチェックしてみてください。

デュタステリド(ザガーロ)とは

ザガーロは、従来のAGA治療薬よりも効果の期待度が高いということで、薄毛治療において注目されている新薬です。その主成分となっているのが「デュタステリド」。ザガーロは、2015年8月に厚生労働省から製造販売承認を取得した薬で、「男性における男性型脱毛症」に効果・効能があります。ザガーロはもともと、「アボルブ」という前立腺肥大症の薬でしたが、その発毛効果が認められたことから、AGA治療薬としても処方が可能になりました。現在ではその効果の大きさから、薄毛治療において用いられる機会は非常に増えてきている新薬となっています。

デュタステリドの働き

脱毛は、男性ホルモンの一種であるテストステロンと、5α-還元酵素という酵素が結びつくことによって生成される脱毛ホルモンが引き起こします。デュタステリドは、この結びつきを阻害し、脱毛ホルモンの生成が抑えることで、徐々にヘアサイクルを正常な状態に戻していく働きを持っています。なお、5α-還元酵素には2種類があり、従来のフィナステリドは1種類にしか効果がなかったのですが、デュタステリドは2種類両方に効果があるとされています。

また臨床試験では、ザガーロは脱毛を防ぐだけでなく、頭頂部に対して健康的な毛髪の増加が認められました。つまり、ザガーロは「脱毛防止効果」に加えて「発毛効果」も有している薬ということです。これまで薄毛治療で用いられてきた成分「ミノキシジル」は発毛効果が、「フィナステリド」には脱毛防止効果があるとされていたわけですが、ザガーロはその両方の性質を持っているのです。臨床試験の結果でも、ザガーロの主成分であるデュタステリドは、フィナステリドよりも増毛効果があるということが認められています。実際に、フィナステリドが入った「プロペシア」で効果がなかったという人であっても、ザガーロでは効果が出たという例が多数報告されています。

この理由として、デュタステリドは半減期(薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間)がフィナステリドよりも非常に長く、より効果が長続きすることが提示されています。それが実際の効果の差につながっていると言えるでしょう。

効果が出るまでの期間

髪の毛が正常なサイクルで生えてくるようになるには、人によって多少差異はありますが、おおむね半年程度の時間が必要だとされています。つまりザガーロを服用し始めたからといっても、効果が出るかどうかを見極めるには半年程度続けてみる必要があるわけです。服用を始めたときには、最低でも半年は途中で止めずに継続するようにしましょう。

ザガーロの服用方法

ザガーロは食事の影響がないため、いつ飲んでも大丈夫です。1日1錠を継続して服用します。なお、24時間毎の服用が望ましいため、毎日なるべく決められた時間に服用し、飲み忘れないようにしましょう。

ザガーロの服用用量

ザガーロにはデュタステリドの含有量が0.1㎎、0.5㎎の2種類があります。副作用についてはあまり差がないことから、効果を期待したい人向けには0.5㎎の服用が推奨されています。ただ、初めての服用であったり、心配であったりした場合は、0.1㎎からはじめて徐々に増量していきましょう。

ザガーロの副作用

薄毛治療において非常に大きな効果が期待できるザガーロですが、副作用が出ることもあります。その割合も、プロペシアと比べると大きくなっているので、注意が必要です。副作用については、以下のようなものがあります。

主な副作用

ザガーロに含まれているデュタステリドは、プロペシアに含まれているフィナステリドよりも効果が大きいとされています。その分、副作用についても発症する割合が大きく、症状も重くなりがちとなっています。そのことは服用前にしっかりと認識しておく必要があるでしょう。効果が見込めるということは、それだけ副作用が強く出てしまうこともあるのです。

もし、ザガーロを服用したことで上記のような症状が見られた場合には、直ちに服用を止め、医師の診断を受けるようにしてください。

ザガーロを服用してはいけない人

ザガーロは、その性質から服用ができない人がいるので、注意しなければいけません。具体的には、以下のような人になります。

最後に

ザガーロは薄毛治療において非常に大きな効果が期待できる薬となっていますが、効き目が強い分、副作用も強く、発症率も高くなっています。服用の際には、このことをしっかりと認識した上で、医師の許可を取るようにしてください。もし何か分からないことや不安点などがあれば、前もって何でも相談をしておくようにしましょう。そして、万が一医師に服用を止められたということであれば、その指示には必ず従うようにしてください。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。