【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 再生医療以外の薄毛治療 » 自毛植毛

自毛植毛

抜け毛・薄毛の治療方法の1つが「自毛植毛」です。文字通り自分の毛髪を使用する植毛方法で、薬品を使用する場合などに比べると副作用が少ないと言われています。

このページでは、自毛植毛に関する概略と注意点、どんな人に向いているかなどの基本的な知識をまとめてあります。抜け毛や薄毛に悩む人は参考にしてください。

自毛植毛とは?

まだ残っている自毛を移植するのが「自毛植毛」です。

「髪の毛の後退」という言葉がよく使われますが、病気や投薬による抜け毛を除くと、多くの場合、髪の毛は前頭部から減っていく傾向があり、そのメカニズムはすでに解明されています。特にAGA(男性型脱毛症)の場合は、男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)が毛髪内のホルモンレセプターと結合しTGF-β1を生成し発毛を抑制することで、毛髪の量が減っていきます。

ホルモンレセプターは、主に前頭部・頭頂部にあるため、髪の毛は前頭部から後退していくことになります。

一方で側頭部・後頭部の髪はTGF-β1の影響を受けず健康なままなので、この部分の自毛を前頭部・頭頂部に移植することで若々しい頭を取り戻そうとするのが自毛植毛です。

移植した髪が生えつづける理由

自毛植毛では、髪の毛を生やす機能を失わせないために毛母細胞や毛乳頭など必要なシステムをまるごと採取して移植します。後頭部から移植された髪の毛はAGA(男性型脱毛症)の原因となるTGF-β1の影響を受けることなく、髪の毛が自然に生えるという本来のメカニズムを保持したままになります。

この移植された部分が前頭部・頭頂部に定着することで、髪の毛が生え成長し、抜けてもまた生えるというサイクルを取り戻しています。

自然植毛で移植された後頭部や側頭部の毛髪は、男性ホルモンの影響を受けにくいという性質を残したままで、抜けにくい毛髪として長期間ふさふさとした状況を保てるというわけです。

FUT法とFUE法

自毛植毛の施術方法には、メスで皮膚ごと切り取って毛根などの組織を採取するFUT法と、パンチという鋭利な筒状の刃物で毛穴1つ分の毛包を1つずつ採取するFUE法という2種類の方法があります。

FUT法

FUT法の場合には髪の毛の密度が多い部位を選ぶのがポイントで、組織を採取した場所の傷跡も目立ちにくくなります。通常縫合までに要する時間は約30~40分ほどで完了します。縫合にはステプラー、ナイロンのような吸収しない糸、吸収する糸などが状況によって使い分けられています。

FUE法

FUE法は小さなパンチで個々の毛包(フォリキュラー株と呼びます)を直接くりぬく方法です。パンチで一本一本の毛髪をくりぬきながら、特殊なピンセットでドナーを傷めないように引き抜いていきます。FUE法で毛包をくりぬいたあとの穴は自然に閉じて、髪の毛で隠れるので目立たなくなります。

メンテナンスと失敗のリスク

FUT法、FUE法いずれの場合も、組織を移植したあとに特別なメンテナンスは必要ありません。男性ホルモンの影響をほとんど受けずにふさふさとした状況を保持できます。しかし、元からある毛髪は男性ホルモンの影響から逃れることはできません。この部分に関しては時間の経過とともに薄毛が進行していくことになります。このためにAGA(男性型脱毛症)に対する処置は継続的に行っていく必要があります。

失敗のリスクは少ないと言われる自毛植毛ですが、施術者の技術によっては頭皮に定着する生着率が低く十分な効果があげられない場合はあるようです。

自毛植毛のメリット

自毛植毛のメリットは、もともと自分の身体のなかにあったものを、他の部分に移すだけなので、薬物や生物的な拒絶反応のリスクがほとんどないということです。

一方で一度生着した毛髪は、基本として半永久的に生え替わりつづけるので、かつら、育毛剤などの維持費がかかることもありません。

パーマやヘアカラーなど、毛髪にダメージを与える行為も過剰でなければ問題なく楽しめます。また、事故などの原因によって局所的に毛が生えなくなった部分にも対応できるのも、大きなメリットといえそうです。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットとしてよく言われるのは、費用が高いという点です。施術費用は最低でも数十万円かかると言われ、他のAGA治療に比べると初期費用が高いということで躊躇する人も多いようです。しかし、術後のメンテナンスが必要ないことを考えれば、維持費がかかる方法に比べてトータルコストではむしろ安いとする意見もあります。

またFUT法を選んだ場合には、一定部分の毛髪が切り取られたようになるので、術者の技術によっては回復するまでの期間、傷のように目立ってしまう場合もあるようです。このために部分かつらなどでカバーする人もいます。

手術後、効果が目に見えるようになるまで1年ほどかかるので、その間がじれったいという人もいますが、一生の満足のための経過期間と考えれば短いものともいえるでしょう。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。