【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 再生医療以外の薄毛治療 » 低出力レーザー治療

低出力レーザー治療

このページでは、薄毛治療の技術の一つである「低出力レーザー治療」についてご紹介しています。薄毛治療にはさまざまな方法がありますが、それぞれに特徴が違い、合うか合わないかというのも人によって変わってきます。情報を集めた上で、ご自身に合ったものを選択するようにしてみてください。

「低出力レーザー治療」とは?

「低出力レーザー治療」は、10年ほど前から提供されるようになった、低出力のダイオードレーザーによって薄毛を改善する治療法(lowlevellaserorlighttherapy,LLLT)です。

近年行われたおよそ300人の男女被験者に対する調査結果によると、「低出力レーザー治療(AGA)」を行った被験者は26週間の経過観察を経て、有意な発毛効果が確認されたそうです。そして多数の論文でも有効性が認められたとのこと。

この現象は、脱毛エステで脱毛用のライトを弱く繰り返し当て続けた結果、脱毛どころか毛が濃くなってしまった、という美容皮膚科での事象に近いと言えるかもしれません。

なお、「低出力レーザー治療」による発毛・育毛効果については、「アメリカ食品医薬品局(FDA)」からの認可も出ています。

実際の研究結果

日本皮膚科学会が発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」によると、「低出力レーザー治療」の臨床試験結果については、以下のようになっています。

655nm低出力レーザーによる実験

男性型脱毛症のある110名の男性被験者を対象に、655nm低出力レーザー(週3回照射)を使った実験が行われました。

低出力レーザー照射を行ったグループては、照射前と比較すると毛髪数が19.8本/cm2増加。一方、それ以外のグループ(対象赤色光源)では、7.6本/cm2減少しました。

レーザー照射後の副作用は、軽度の「照射部の異常知覚」が4例、軽度の「蕁麻疹」が4例でした。

9-beamレーザー・12-beamレーザーによる実験

女性型脱毛症のある122名の女性被験者を対象に、9-beamレーザー照射装置(655nm)と12-beamレーザー照射装置(6beam-635nm、6beam-655nm)を週3回照射する実験を行いました。

成長期毛の数は、9-beamレーザー照射をしたグループは20.2本/cm2(コントロール群2.8本/cm2)、12-beamレーザー照射をしたグループは20.6本/cm2(コントロール群3.0本/cm2)と増加するのが確認されました。また、男性でも同様にレーザー照射をしたグループの毛髪が増加しているのが確認されたそうです。

レーザー照射後の副作用は、「照射部皮膚の乾燥」が5.1%、「瘙痒(そうよう)」が2.5%、「圧痛」が1.3%、「ひりつき」が1.3%、「温熱感」が1.3%でした。

一定の効果はあるが、低出力レーザーの機器は国内で認可されていない

このように、「低出力レーザー治療」については学会でも効果が検証され、一定の効果が認められていることが確認できます。今後研究や技術革新が進めば、さらに効果的な技術が世に広まるということもあり得るかもしれません。

副作用も比較的軽いものであるため、適切な危機を用いて行うように勧められています。ただし、上記対応ができる機器は日本国内ではまだ認可されていません(2020年5月現在)。使われる光源の種類、波長、出力は報告によってさまざまです。

なぜ薄毛(AGA)に効果があるのか

こうなると気になるのは、なぜ「低出力レーザー治療」が「薄毛(AGA)」に効果があるのかということです。

低出力レーザーを肌に照射すると、毛包内にある表皮幹細胞が活発化し、休止期の幹細胞を成長期に変える効果があるとされています。これによって発毛状態が引き起こされ、育毛につながる、という仕組みになっています。

また、毛髪は血中タンパク質から生成されるのですが、その際に必要なATP(アデノシン三リン酸)を増やすという点も、低出力レーザーの効果として挙げられています。

なお、低出力レーザーが植毛の成長を促す効果がある、という研究成果も発表されています。

どういう人が「低出力レーザー治療」を受けるべきか

「低出力レーザー治療」は、育毛を専門とするクリニックなどで取り入れられていますが、メインの治療方法としてよりも、処方薬や発毛セラピーなどと併用する、サブ的な治療方法として使われていることが多いようです。

実際に、薄毛治療において存在感を発揮してはいるものの、メインとして導入すべきものかどうかというのは人によって変わってくるでしょう。効果を実感できる人もいれば、そうではない人もいるはずです。ただ、市販の育毛剤や育毛グッズなどで効果が感じられず不満を感じている、という方であれば、一考の価値はありそうです。

「低出力レーザー治療」は育毛に強みを持つクリニックなどで受けられますし、クリニックに通うというところまでは考えていないということであれば、「低出力レーザー育毛ブラシ」など、自宅で使えるグッズを購入して使ってみてもいいかもしれません。「低出力レーザー育毛ブラシ」は、定価5万円前後でさまざまな商品が販売されています。

どのくらいの期間で効果が出るのか

「低出力レーザー治療」を考えている方で気になるのは「どのくらいの期間で効果が出るのか」ということではないでしょうか。クリニックなどで治療を受けるのであれば、概ね6ヵ月くらいは様子を見ていくべきでしょう。また、「低出力レーザー育毛ブラシ」などを使ってセルフケアをしていくのであれば、効果を実感までの期間について、6~12ヶ月を目安として考えていくようにしましょう。いずれにしても、すぐに効果が表れるという類いのものではないので、根気よく続けていくことが非常に重要になります。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。