【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 【特集】AGAに代わる髪の再生医療とは » 成長因子は増毛に繋がる?

成長因子は増毛に繋がる?

成長因子ってなに?

PRPに限らず、HARGやBENEVでも成長因子を注入しますが、成長因子とは細胞を活性化させるための成分・因子です。人間の血液や細胞にはさまざまな成分が含まれています。その中には成長を促進するものだけではありません。

体にマイナスの影響を与えてしまう成分もありますが、PRPの場合、採決した血液から成長因子のみを抽出して注入。体に良い影響を与える成分のみを体に戻すことで、頭皮・頭髪を刺激し、薄毛や抜け毛にアプローチします。

髪にプラスに作用する
細胞成長因子

細胞成長因子は美容でも使われているように、体に良い影響を及ぼすものですので髪の毛にも良い影響が期待できます。髪の毛は栄養でできていますが、髪の毛を成長させるために大切な部分は頭皮です。

PRPは成長因子を頭皮に注入することで、髪の毛の「土台」とも言うべき頭皮の状態改善を図ります。薄毛や抜け毛で悩んでいる人の頭皮は血液の循環が悪く、頭皮が硬かったり頭皮の温度が低かったり、さらには乾燥しがちだったりと、「良い状態」とは言えない状況が多いです。

そんな人に有効なのが、成長因子です。成長因子によって頭皮の状態を改善することは、「毛髪の土台」が良くなることを意味しています。

PRPと組み合わせると効果的

成長因子は毛髪にも良い影響を与えてくれるものですが、ではどのように注入するのか。その答えがPRPです。PRPは直接頭皮に注入しますので、頭皮に成長因子を塗って入れていくBENEVとは異なります。

また、PRPは自分の血液から取り出した成長因子を頭皮に打ち込むので、リスクは低くなっています。頭皮という土台を活性化することで、土台から生えてくる髪の毛にも好影響を及ぼします。PRP以外にも成長因子注入治療はありますが、自分の血液から成長因子を抽出する方法は、PRPだけの特徴です。

PRP療法は毛髪に
どう効果がある?

PRPに含まれる成長因子の種類

腕などから採血した自分自身の血液を使って抽出されるPRP組織。その成分は主に血小板を濃縮させたものですが、様々な成長因子が含まれており、毛髪をはじめとする細胞の成長を促す栄養素となってくれます。

成長因子は「サイトカイン」とも呼ばれており、様々な分野の再生医療はもちろん、薄毛の治療にも用いられているのです。PRPは毛髪の材料になる細胞が死んでしまうのを防いだり、延命させたりすることができる、というわけです。

では、PRPには、具体的にどのような成長因子が含まれているのでしょうか?

EGF

毛髪の再生医療のなかでも、先端治療の分野で活用が進んでいる成長因子が「EGF(上皮成長因子)」です。別名「ヒトオリゴペプチド」とも呼ばれており、とりわけ皮膚の表皮層に働きかけることが知られており、細胞の成長や再生、修復を飛躍的に活性化させます。そのため、薄毛の再生を促す効果を期待することができるわけです。また、「安全性が高い」ということも、その特徴のひとつです。

人間のだ液腺から発見された成長因子である「EGF」は、細胞に指令を伝える働きを持っています。細胞の働きを活性化させるのは、この働きによるものです。

そのため、EGFを活用する薄毛の再生治療では、人間の身体に本来的にそなわっている働きを活性化させるものですから、他の治療薬を使う治療のように、「治療薬をやめてしまっても症状が再発しない」、また「長期的に効果を得ることができる」とメリットがあります。

そのほかEGFは、皮膚の上皮のターンオーバー促進という働きから、シミやくすみなどのお肌の治療でも活躍しています。薄毛治療では、頭皮に直接注入されることで、毛母細胞を活性化させ治療効果を得ることができます。

BEGF

PRPに含まれる成長因子のなかでも、とりわけ「血管新生作用」を強力に発揮してくれるものが、「塩基性繊維芽細胞増殖因子」、略称「BFGF」です。

bFGFもまた、上記のEGFと同様に、人間の信頼にもともと存在している因子のひとつ。ケガなどをした皮膚を修復するために放出される因子であるBFGFは、「線維芽細胞」を刺激することで肉芽の形成を促して、皮膚を元どおりに再生させるために働いています。

再生治療の分野におけるBFGFは、そのため、傷をすばやく修復する成分として活用されています。例えば、薬事承認も受けている「フィブラストスプレー」という製品は、BFGFを効果的に活用することで、火傷などにとても有効であることが知られていますね。

医薬品として登録され、クリニックでのみ処方を許可されているbFGFですが、発毛促進の治療にも効果があるとされています。そもそも発毛効果は、頭皮の毛細血管から栄養素などの供給がなければ実現しません。それを助けてくれるのが、まさにこのBFGFなのです。

PDGF

発毛に欠かせない「毛母細胞」の寿命期間を伸ばすカギを握っている成長因子があります。それが、この「PDGF(血小板由来成長因子)」です。PDGFの研究は20世紀の初頭から行われており、細胞における移動や形質の転換などを促す作用があると考えられています。

このPDGFを活用する治療方法は、AGA治療のなかでも特に強力な効果があると言われています。ある調査によれば、抜け毛の減少や現状の維持なども含めれば、97%もの患者に効果が認められており、そのなかでも64%の患者には、発毛効果が認められたほど。およそ3か月でその効果が顕著になった患者では、地肌が隠れるほど毛髪の状態が改善した、とされています。

その証拠に、PDGFの治療効果は、男性のみならず女性にも効果的であることが認められているほどなのです。

VEGF

PRPに含まれる成長因子のなかでは、「VEGT(血管内皮細胞成長因子)」もまた注目されている成分です。VEGTは、下垂体における細胞から培養されたもので、血管の内皮細胞に強力に働きかける効果があります。血管内皮細胞を増やしたり、血管の新生過程を促進したりすることによって、発毛作用の改善を促してくれます。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。