【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » 【特集】AGAに代わる髪の再生医療とは » PRPとは?

PRPとは?

毛髪にも活用されているPRPについて解説しているページです。

PRPってどんな治療法

PRPとは再生医療の一種です。患者自身の血小板のなかに含まれている成長因子を取り出し、気になる部分に再注入。成長作用が含まれていることから、しわやたるみ、しみなど美容に加え、薄毛や抜け毛治療にも活用されています。

厚生労働省に認可された再生医療

再生医療といわれる治療方法は、これまで有効な治療法がなかった病気などに対する新しい治療法として適用されるケースもあることから、安全性などの観点から全てにおいて厚生労働省に「再生医療提供計画届書」の提出が義務付けられており、認可を得ることで治療を提供できるようになります。

PRPの特徴は、すでに進行している疾患への対処療法ではなく、病気の原因である細胞や組織にアプローチし、自然治癒力を活かして改善を促す再生医療であること。

単に病気を治すのではなく機能を回復・向上させることを目的としたPRPは、その効果によって様々な面でQOL(生活の質)の向上が期待できる点も特徴のひとつといえるでしょう。国が認可・推進しているという点も大きなポイントです。

なお再生医療は、ES細胞やiPS細胞といったヒトに対して未実施なものを高リスクな「第一種再生医療等」、体性幹細胞などすでに治療として実用化されているのものを中リスクな「第二種再生医療等」、体細胞を加工するなど低リスクとされる「第三種再生医療等」という三つに分類されており、脱毛症や頭髪改善を目的とする場合は「第三種」に該当します。

自由診療と聞くと不安を感じる方もいるかもしれませんが、専門家による審査を経て認可を取得している医療機関でのみ治療が提供されますので、一定基準の安全性は確保されているといえます。

PRPに含まれる主な成長因子とその働き

PRPには「自己多血小板血漿」と呼ばれる、細胞を修復させる働きのある成長因子が含まれています。これらの因子が周囲の細胞に働きかけて組織の修復を促進。

薄毛や抜け毛は、毛髪の成長の鈍化と考えることもできますので、成長が鈍化している頭皮に注入することで、毛法の細胞の刺激や血流改善など頭皮の状態改善が期待できます。

PRPのメリット・デメリット

メリット

PRPは自分の血液を採血し、成長因子を抽出して再び体に入れる治療なので、拒絶反応(アレルギー)を起こすリスクや副作用の心配がほとんどありません。

また、PRPは採血し、血液を遠心分離します。もし病気を抱えていたとしても、事前にそれを見つけることが可能。この場合、PRP治療は行なえませんが、自分の体に潜んでいる重大なリスクに気付けます。

デメリット

注射による注入になりますので腫れ、内出血を起こす可能性がある点や、癌、HIVの患者はPRP治療を行うことはできません。

また、PRP治療は成長因子を注入することで、成長因子が効果をもたらします。そのため、一度の注入で効果が永遠と継続されるものではなく、継続しての治療が必要です。PRP治療を終了した場合、徐々に効果が薄れて元の状態に戻ります。

治療後に注意すべき点

PRP治療を受けた後は洗髪や運動、サウナ、入浴、飲酒は控えましょう。また、治療前後はヘアカラーやパーマも控えた方がベター。治療後、体調の変化が見られた時には自己判断せず、医師に相談して適切な処置をとってもらうよう心掛けることも大切です。

PRPの費用相場

PRPを用いた毛髪再生治療の費用は、200,000円前後。自由診療のため、さらにはまだまだ提供しているクリニックが少ないので、AGA治療と比べると少々高い相場となっています。

PRPに対応する大阪のクリニック

毛髪のPRPに関して、厚生労働省に届出を出している大阪のクリニックを紹介しています。関西圏・西日本にお住まいの方は、チェックしてみてください。

PRPに対応する東京のクリニック

毛髪のPRPに関して、厚生労働省に届出を出している東京のクリニックを紹介しています。関東圏・東日本にお住まいの方は、チェックしてみてください。

PRPによる育毛治療のFAQ

Q.PRP(多血小板血漿)で効果が表れるのはなぜ?

A.頭皮環境を整備して薬剤による発毛を促すからです。

PRP療法で使用される血小板内には様々な種類の成長因子が入っていますが、成長因子には衰えた細胞を元気にする作用があり、この作用を発毛促進にも利用できるからです。

ただし、PRP療法は発毛促進において単体で使われることはなく、むしろ、従来の薬剤とミックスさせて使うことで大きな効果が期待できるようになります。PRP療法によって毛包内を刺激して健康な髪を発育させる環境を整備し、そこにミノキシジルなど薬剤を投与して発毛を促す…というイメージです。

頑丈な家を建てるためには、基礎がしっかりしていなければなりませんが、PRPは発毛促進における基礎の役割を果たしていると言えます。

Q.HARG治療との違いは?

A.成長因子の種類や量が異なります。

HARG療法もPRP療法も共に再生医療を活用した毛髪再生治療の一種であり、その点で両者は同種であるといえるでしょう。

しかし、HARG療法とPRP療法では、治療に用いられる成長因子の種類や質、量が異なっています。

まず、HARG療法では「タンパク薬剤(AAPE)」と呼ばれる脂肪幹細胞由来の成長因子が用いられており、実際に投入される成長因子の数はPRPより多いのです。

一方のPRP療法では、患者自身の血液(自己多血小板血漿)から採取した成長因子が用いられており、使用される成長因子は厳選されていて、投入量はHARG療法より少なめです。

結果、自身の血液から採取するPRPのほうが、効果の現れ方は緩やかですが安全性が高く、効率よく発毛促進ができるという違いが出てきます。

Q.治療はどれくらい続けたほうがいい?

A.一般的には1~3回程度です。

PRP療法の治療期間や回数は、患者の状態やドクターの見立て(判断)によって、ケースバイケースになります。

一般的には、回数にして3回程度の継続治療を勧められることが多いでしょう。

なぜなら、1~3回の治療を継続して行うことにより、PRP療法の後で行うミノキシジルなど服薬治療の効果を高めるための育毛環境(土壌)が整うからです。

1回の治療でもそれなりの効果は期待できますが、確実に効果を実感したいなら、3回程度の継続治療は必要です。

いずれにしても、適切な治療期間や回数はケースバイケースになることを含め、専門知識を持った医師の提案や指示に従うようにしましょう。

Q.AGAやびまん性薄毛にも効果はある?

A.効果が期待できます。

PRP療法は、AGAやびまん性薄毛への回復効果も期待することができます。AGAは男性型脱毛症のことで、遺伝や男性ホルモンなどを原因とする脱毛症、びまん性薄毛は女性特有の毛髪全体が薄くなる症状のことで、過度なダイエットな毛周期の乱れなどで起こりますが、いずれも免疫性疾患による脱毛ではないため、PRP療法は高い効果が期待できます。

一方、免疫席疾患による脱毛は、効果が出ないこともあります。

Q.PRPは痛くないのか?

A.注入方法や使用する医療機器によって異なります。

PRP治療は血小板から抽出した多血小板血漿を注射器などを使って注入しますので、切開などの外科手術と比べると治療による痛みは少ないといえます。

とはいえ体外から血管などに注射針を刺す穿刺(せんし)時に多少の痛みを感じる他、注入の際の液漏れによっても痛みを伴う場合があり、例えば一般的な注射器や水光注射によるPRP治療の場合、注入後に少量の出血をする可能性もあり、痛みを和らげるために麻酔を使用することもあるようです。

PRP治療は注入方法や使用する医療機器がクリニックによって異なっており、細い注射針や医療機器の導入することで痛みが感じにくくなっているケースも増えてきています。

一例として、フランスの航空産業技術に基づいて開発された高品質注入器メソガンの一種「U225」は、極細の針によってほとんど痛みを感じないことから麻酔なしで治療ができる他、一回の治療時間を大幅に短縮できるといわれており、美容治療の現場でも多く使用されています。

このU225を薄毛治療に導入しているクリニックもありますので、PRP治療を検討する際には、その注入方法や医療機器についても調べてみることをおすすめします。

Q.PRP療法を受けられないケースは?

A.様々な健康状態によって受けられない場合があります。

先に述べたような癌治療中の方やHIVに感染している方、免疫疾患・心疾患・肺疾患・肝疾患・腎疾患・血液疾患・糖尿病・高血圧・出血傾向・血液感染症といった疾患を持っているなど全身状態のすぐれない方、その他にも血小板数に異常がある方や過去に薬剤過敏症にかかったことがある方、妊娠中の方やステロイド剤を服用しているはPRP療法を受けられません。

なお、普段から喫煙をされている場合、治療の効果が出にくくなることもあるようです。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。