【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査

はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査

はげてきたと感じる人、
それが予兆かもしれません

薄毛や抜け毛はある時急に表れるものではなく、徐々に進行していくものです。自分自身、違和感として意識するころには実は既に進行している状態ですが、いわば「前兆」もいくつかありますし、他にもいくつか、「はげるだろうな」と思われることもあります。

抜け毛が増えてきた

まずは、「抜け毛」というものについて、正しい知識を身につけることが、何をおいても重要です。抜け毛は、1日平均50〜100本程度は普通に抜けているもの。さらに、抜けやすい時間帯や季節など、参考になることをまとめています。

もちろん、抜け毛の原因となる「睡眠不足」をはじめ、「AGA」や「遺伝」、栄養成分や血行の問題、ストレスや日常生活で注意したいことなど、様々な抜け毛のリスク管理についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

親や祖父、親戚に薄い人が多い

薄毛の大きな要因のひとつ、遺伝。そこで、そもそも遺伝とはどのようなものか、遺伝が薄毛にどのような影響を及ぼすか、などについて、詳しく解説しています。特に、「5αリダクターゼの活性度」など、薄毛の症状を引き起こすことになる遺伝要素についても紹介しています。

抜け毛を決定するのは薄毛だけの要素だけではありません。家族に薄毛が多くても、自分だけは大丈夫、というケースもあります。一方で、遺伝による薄毛に対して予防策もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

髪が細くなってきた

髪の毛が細くなるのは、禿げの前兆とされています。全体的に細くなってゆく髪の毛には注意です。しかし、髪の毛が細くなる原因には、どのようなものがあるのでしょうか? 栄養不足や血行不良、加齢など、様々な要因について解説していきます。

例えば、ストレスなどの心的要因であれば、これによって人間の身体は新陳代謝が低下して血行が悪くなるなど、髪の毛にも現れる症状が現れてきます。生活習慣についても同様に、髪の毛が薄くなるメカニズムがあるのです。

生え際が後退してきた

生え際が後退してないかチェックする方法は、おでこの広さを鏡でしっかりと見てみることから始まります。広さに個人差はあるものですが、以前の自分の生え際よりも後退している、と感じたら注意が必要です。生え際のチェック方法について、詳しく解説しています。

また若年層のあいだでも、生え際の後退は起こるものです。20代はもちろん、10代で怒ることも珍しくありません。「AGA治療」をはじめ、後退してきた生え際を改善していく方法についてもまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

つむじが目立つ

頭頂部でもつむじ付近に目立つ禿げは、「てっぺんはげ」とも呼ばれており、よく見られる情報のひとつです。そのため、つむじが薄くなっている方には、症状が気になる方も少なくないと思われます。入浴後にチェックするなど、記事で紹介している「つむじの確認方法」をまずは試してくださいね。

つむじが薄くなる原因は、食生活やストレス、喫煙など、様々です。それぞれについて詳しく解説しているほか、つむじはげの自然な隠し方についてもアドバイスをまとめています。ぜひ確認してみてください。

頭皮が硬い

「頭皮が以前よりも硬くなってきたかな?」と感じることは薄毛や抜け毛の前兆かもしれません。実際、これらの症状で悩んでいる方は頭皮が硬いケースが多く、様々なデメリットが指摘されています。既に薄毛が進行している場合も珍しくありません。

頭皮が硬い場合、頭の血行悪化が原因となっているかもしれません。つまり、頭皮に十分な栄養が行き届いていないため、発毛や育毛に必要な栄養素が不足している可能性があるのです。記事では原因や対策方法を詳しくまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

体毛が濃くなってきた

体毛が濃くなっているなら、女性ホルモンの減少がその原因のひとつだと考えられます。男性でも女性ホルモンの働きは欠かせないものであり、体毛が濃くなるということは、薄毛や抜け毛も増えていく、というデメリットがあります。

体毛を薄くするためには、女性ホルモンを増やす必要があります。イソフラボンなど、女性ホルモンに似た成分を摂取することも効果的でしょう。そのほか、体毛が濃くなる病気や治療法などについても解説していきます。

生活習慣が乱れている

生活習慣の乱れは、薄毛や抜け毛を引き起こす大きな原因です。記事ではその理由について詳しくまとめていますが、例えば薄毛対策につながる生活習慣の改善方法についても、同時に紹介しています。

ひとえに「生活習慣を改善する」と言っても、具体的にはどうすればいいのか、また、正しい方法はどのようなものなのか、きちんと理解しなければ効果がありません。食事ひとつとっても、しっかり噛んで食べることが、栄養素を身体に取り込むには効果的です。詳しい改善方法を、ぜひ記事でチェックしてみてください。

頭皮にかゆみや赤みがある

頭皮のかゆみや赤みなどがある場合、その原因はさまざまです。シャンプーなどの薬剤によるかぶれ、パーマやヘアカラーの影響、もともとが乾燥肌である、皮膚炎を患っている、あせもができる、カビやダニが原因で引き起こされるものなど。こうした症状を放っておくと、脱毛などの深刻な頭皮トラブルにつながりかねません。日頃の生活習慣を見直してケアをしていくと共に、もしどうしても症状が収まらないということであれば、専門医に相談するようにしてください。

フケが増えた

フケは、頭皮から出る老廃物、つまり肌から出る垢のようなものと言えます。通常時でも微量のフケが出ているのは自然なことですが、もし過剰にフケが出ているということであれば、頭皮のトラブルを抱えてしまっている可能性があります。フケには脂性のフケと乾燥したフケの2種類があり、それぞれに原因も対処法も変わってきます。適切なケアの方法を学ぶと共に、どうしても改善しないということであれば、クリニックで専門医に相談するようにしましょう。

頭皮のにおいが気になる

頭皮のニオイは、身だしなみに支障をきたすだけでなく、脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎など何らかの皮膚疾患を招いている可能性があり、薄毛や抜け毛とも無縁ではありません。原因や対策を知っておくことはとても重要です。

頭皮にかさぶたができる

頭皮にできるかさぶたの原因は、脂漏性皮膚炎、パーマやヘアカラー、頭皮の乾燥、体質的な問題まで、様々なものがあります。頭皮が何らかのダメージを負っていることは間違いなく、そのダメージは薄毛の原因になるので、注意深く見ておかなければなりません。

薄毛予防のためにできるセルフケア

薄毛が気になってきたということであれば、早めに対策をしていく必要があるでしょう。対策を怠った結果、数年経って取り返しがつかない状況になることもあります。日常生活からケアをしていくことで、必要以上の悩みを抱えないようにしたいところですね。

シャンプーの方法を見直す

入浴の際は、ほとんどの方がシャンプーをしていることでしょう。頭を洗ってさっぱりすると、気持ちもすっきりしますよね。ただ、シャンプーもやり方によっては頭皮に余計な負担をかけ、薄毛の遠因となってしまうことがあるので、注意が必要です。

まず、1日に何回もシャンプーをするという方は注意が必要です。シャンプーは頭皮の汚れ、余分な脂分などを洗い流してくれますが、頭皮には最低限の脂分が必要であり、過剰なシャンプーはそれらすら落としてしまいます。そうすると頭皮が乾燥し、頭皮環境の悪化につながります。シャンプーは1日1回程度に留めるようにしましょう。また、熱すぎるお湯も皮脂を流してしまうので、シャンプーはぬるま湯で行うことをおすすめします。

睡眠・運動を見直す

人が健康な状態を保つには、適切な睡眠、適度な運動が必要です。それは頭皮に対しても例外ではありません。寝不足にならないよう、毎日6〜7時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。髪の毛の成長は、睡眠中に促されるからです。もし寝付きが悪いということであれば、寝る前にテレビやスマートフォンなどの光の刺激を受けないようにしてみてください。

また、適度な運動で血行をよくすることも、髪の毛の育成には必要なことです。ジョギングなどの運動習慣をつけるのが効果的ですが、適度に歩いたり、階段を使ったりと、日常生活でもできるだけ体を動かすよう努めましょう。

食生活を見直す

食生活の乱れも、髪の毛には決してよくありません。特に、ジャンクフードなどの脂分が多い食事が増えてくると、頭部にも余計な皮脂がたまり、頭皮環境の悪化につながります。食事の際は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養をバランスよく摂取しましょう。また、食事だけで栄養を補うのが難しいのであれば、サプリメントなどでサポートをしていくのも効果的です。なお、飲酒や喫煙は、頭皮や髪の毛には決してよいことではありません。薄毛が気になってくるなら、極力控えるように心掛けてください。

クリニックに相談する

もし、薄毛がどうしても気になる、ケアしても状況が改善しないということであれば、クリニックで専門医に相談することをおすすめします。本当に薄毛が進行しているのか、その理由は何なのかなど、的確なアドバイスをしてもらえることでしょう。特に、「男性型脱毛症(AGA)」については自然治癒が見込めないため、クリニックでの治療が必須になります。手遅れになってしまう前に、医師による診断、治療を受けるようにしてください。近年ではプライバシーにもきちんと配慮をしてくれているので、まずは気軽に医師に相談してみることをおすすめします。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。