【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » フケが増えた

フケが増えた

フケは、頭皮から出る老廃物、つまり肌から出る垢のようなものと言えます。人の皮膚は新陳代謝により、およそ1ヵ月のサイクルで生まれ変わっていくのですが、そのときに頭皮の古い角質が新しい角質によって押し出され、剥がれ落ちていきます。それがフケであり、健康かつ正常な体質の人でもフケは出るのですが、通常は非常に小さく、頭を洗うことでキレイになるので、目立つようなことはありません。

ただ、皮脂や常在菌のバランスが崩れるようなことがあるとフケが大量に出るようになり、さらにサイズも大きくなるので、目立つようになってくるのです。これがみなさんが気にするフケであり、ケアが必要なものとなっています。

頭皮のフケが増える原因

頭皮のフケは、頭のかゆみなどを伴う上、パラパラと落ちると不潔に見えてしまいます。もしフケが目立ったということであれば速やかに対処をしていきたいところですが、理由にもいろいろなものがあるので、原因に応じた対策を取っていくことを心掛けてください。

脂性フケ(ベトベトしている)の場合

ベトベトしているフケは、頭皮の脂が過剰に分泌されていることを示しています。皮脂が過剰だと、皮脂を栄養とする常在菌のマラセチア金も必要以上に繁殖します。そうすると地肌が菌によって刺激を受け、頭皮のターンオーバーのリズムが乱れてしまうことで、大量のフケが発生してしまいます。

また、取りきれていない皮脂は酸化が進むため、ほこりや汚れを吸着してしまい、古い角質とまざりあってベトベトした脂性のフケとなってしまいます。もともと脂性肌タイプという体質の人は、皮脂や汗といったフケの原因が人より多く発生するため、脂性フケが出やすくなっています。

先天的な原因というのもなくはないのですが、食生活や生活習慣などで改善できるところもあるため、体質について自覚のある方は前もってケアをしておきたいところです。

乾性フケ(カサカサしている)の場合

フケにはベトベトした脂性のフケの他に、パサパサと乾燥したフケもあります。これは、過度な洗髪や洗浄力の強いシャンプー剤によって皮脂が必要以上に落とされてしまっていることが原因です。潤いがなく乾燥した頭皮は免疫力が低下して荒れやすくなっている上、ターンオーバーのリズムが早まってしまうことで、未熟な角質細胞まで剥がれ落ちるようになります。シャンプーを変えてフケが目立つようになったという人は、シャンプー自体を一度見直してみてもいいかもしれません。

また、もともと乾燥肌の人は頭皮も乾燥しやすく、乾性フケになりやすくなっています。自身の体質を自覚しているのであれば、フケ対策を早めにしておくのもいいかもしれません。

フケが多いと頭皮に刺激を与えるきっかけに

フケが多くなると、フケ自体が頭皮を刺激することで、頭皮のかゆみを感じるようになります。そしてフケやかゆみが気になるとつい洗髪で力を入れてしまいがちになりますが、あまり洗髪をし過ぎると頭皮にとって必要な皮脂まで取ってしまうことになり、乾燥によって頭皮のバリア機能が低下、ちょっとした刺激にも頭皮が敏感に反応して、かゆみがさらに増してしまいます。

また、かゆみが気になっても洗髪の際に爪を立ててしまうのも、頭皮を傷つけてかゆみを引き起こす要因の一つとなります。洗髪の際は、頭皮を傷つけず、刺激し過ぎないようなやり方をするよう注意してください。

フケの予防法・ケア方法

フケは、適切な予防やケアをしていくことによって防ぐことができます。正しいヘアケア方法を知り、頭皮の状態を健康に保つよう注力していくようにしましょう。

適切な洗髪

日常のケアとして大切になるのが、適切な洗髪です。

肌のタイプが乾燥肌なら1~2日に1度、脂性肌なら毎日の洗髪が大事になります。洗髪の際は、まずはお湯で頭皮を軽くマッサージしながらほこりや汚れを落とし、その後適量のシャンプーを手に取って、髪の毛全体をよく泡立てながら洗っていきます。しっかりとシャンプーを流したらリンスやコンディショナーで髪の毛をケアしてすすぎ、お風呂から上がったらドライヤーを使ってしっかりと乾かしていきます。

生乾きのまま放置しておくと、常在菌が活発になってかゆみの原因となることがあるので、注意しましょう。また、かゆみがあったとしても、爪で強くひっかくような洗い方は禁物です。育毛剤などを使う場合は、用法・用量を守った上で頭皮に塗布し、よくマッサージするようにしてください。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、ほどよく頭皮の血行を促進し、頭皮環境を整えていくのに有効です。洗髪の前、あるいは就寝前に頭皮マッサージをすることで、フケやかゆみを抑えることにつながります。

マッサージは、両手の指の腹で地肌全体を優しく押さえる、生え際から頭頂部にかけて押さえて指圧する、指先で頭皮を軽くつまみあげるようにマッサージする、頭を抱えるように両手のひらで持ち、円を描くように地肌をもむ、などの方法があります。ストレス発散にもなるので、おすすめですよ。

ただ、マッサージの際は頭皮を傷つけないためにも、爪を立てないよう注意してください。

食生活の改善

頭皮にトラブルがある場合、食生活を見直し、改善していくのも効果的である場合があります。栄養バランスのよい食事は、健康な肌を保つために欠かせません。特に脂性フケの人の場合、脂質や糖質などを過剰に摂取することを控えることで、改善が図れることがあります。体内から皮脂の分泌を抑制する働きがあるビタミンB2・B6を多く含む食品(レバー、魚、牛乳、納豆、魚肉ソーセージ、卵など)を積極的に食べるようにしましょう。

また、不規則な食生活、ファストフードなど脂分の多い食事を摂るのも、なるべく控えた方がよさそうです。

AGA治療

フケや皮脂の過剰分泌の原因には、頭皮の荒れなどの他、「男性型脱毛症(AGA)」が原因となっているケースもあります。食生活や洗髪方法などに問題がなく、それでもフケや頭のかゆみが収まらないということであれば、AGAを疑ってみてもいいかもしれません。

その場合は決して自己流での判断はせず、専門のクリニックに相談するようにしてください。また、AGAには自己細胞を用いるPRP療法(自己多血小板血漿注入療法)が効果的なケースもあるので、気になるかたはそちらもチェックしてみるのもよいでしょう。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。