【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 親や祖父、親戚に薄い人が多い

親や祖父、親戚に薄い人が多い

薄毛にはさまざまな原因がありますが、そのメカニズムを紐解いていったときに、生活リズムや食生活の乱れなどとならんで大きな要因の一つとなるのが、遺伝です。この項目では、遺伝が薄毛にどのような影響を及ぼすのか、といった内容についてまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

薄毛と遺伝との関係

薄毛の原因のひとつとして遺伝が考えられます。遺伝とは、いわば「血筋」です。そもそも、髪の毛に限らず顔の形、声、身長などの骨格などは遺伝によって祖先から伝わってくるもの。

親など親戚に薄毛が多い場合、薄毛がいわば「血筋の特徴」になりますので、薄毛になってしまう可能性は高いです。実際、薄毛や抜け毛で悩んでいる人の中には、家族、親戚の多くが薄毛というケースが珍しくありません。

遺伝が大きな影響があると実感する部分

家族、親戚に薄毛の人が多いということは、自分自身にも同じ血が流れている以上、同じように薄毛になる可能性は高いです。それらが顕著なのが、「毛」です。頭髪を含め、毛に関しては遺伝の要素が強く現れます。

たとえば毛深さ。薄毛だけではなく、自分自身が毛深い、髭が濃い、体毛が濃く、映えている範囲も広い場合には親や親戚、あるいは兄弟も同様なのではないでしょうか。

遺伝には勝てない?

遺伝は血筋、あるいは体質と言い換えても良いでしょう。努力では改善が難しいことばかりですので、親戚に薄毛が多いと、「自分もいずれは…」と諦めざるを得ないと考える人も多いようです。

確かに遺伝は体の中の問題になりますので、変化させることは簡単ではありませんが、決して不可能なことではありません。医療の発展により、それまでは「遺伝だから無理」と諦めらざるを得なかったことも、改善できるようになっています。つまり、遺伝にも勝てる時代がやってきています。

遺伝の「正体」とは?

遺伝を毛髪関連で考えた時、男性ホルモンが遺伝的なものです。男性ホルモンは誰もが持っているものですが、量は異なります。そして、男性であっても女性ホルモンもある程度は持ち合わせていますが、こちらの量もまた、遺伝によって決まります。

男性ホルモン・女性ホルモンは、それぞれ性に関する部分を決定づける「遺伝」です。たとえば毛深い男性は、男性ホルモンが多く、かつ女性ホルモンが少ないことに起因しています。男性ホルモンを抑える女性ホルモンが多い場合、髭だけではなく、全身の体毛は薄くなりがちですし、抜け毛も活発ではありません。

薄毛にかかわる遺伝子

「薄毛は遺伝する」ということを聞いたことがある方は多いかもしれません。実際、薄毛には遺伝的な要素もあるとされています。それらを詳しく紹介していきます。

5αリダクターゼの活性度

人間の体には「5aリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素が存在します。これは頭髪の毛乳頭、全身の毛穴の皮脂腺に存在するものなのですが、この「5aリダクターゼ」が男性ホルモンの一種「テストステロン」に作用すると、さらに活性化した男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

この男性ホルモンは毛母細胞の細胞分裂を抑制するシグナルに作用するとされており、発毛・育毛を阻害してしまいます。つまり、「5aリダクターゼ」の活性が高ければ、それだけ発毛を阻害される要素が増えてしまう、ということなのです。

アンドロゲン受容体の感受性

また、上記の「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、毛乳頭細胞にある受容体「アンドロゲンレセプター」と結合することでも、髪の毛の成長を妨げるシグナルに作用してしまい、髪の成長が抑制されてしまいます。

ただし「アンドロゲンレセプター」の感受性が弱ければ、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛母細胞に影響することはありません。この感受性については人の体質によって変わるのですが、感受性が強いということであれば、より薄毛になりやすい、と言えるでしょう。

そしてこの感受性は、遺伝によって受け継がれるとされています。「薄毛は遺伝する」と言われる要因が、ここにあります。

男性ホルモンと女性ホルモンの働き

男性の抜け毛にはいくつかのパターンがあります。大きく分類すると、M字、後退減少、頭頂部。これらが有名な「はげ」のパターンですが、実はこれらこそ、ホルモンが大きく影響している部分です。M字の部分、そして前頭部、さらには頭頂部は男性ホルモンが多い部分ですが、女性ホルモンが男性ホルモンの働きを抑えるので、女性ホルモンがある時にはまだまだそれらの部分も毛が健在です。

しかし、年齢とともに女性ホルモンの働きが減少すると、それらの部分の男性ホルモンが活性化し、毛を抜いてしまうのです。男性ホルモンや女性ホルモンは努力でなんとかなる部分ではないだけに、ハゲるかどうかが「遺伝」で決まるとされているのは、ある意味では間違いではありません。

遺伝「だけ」ではないからこそ

遺伝が抜け毛を左右する大きなものであることは間違いないのですが、決して遺伝だけで抜け毛の全てが決まっている訳ではないのも事実です。たとえば、家族や親せきに薄毛がいないのに自分だけ薄毛で悩んでいるというケースもあれば、逆に家族や親戚には薄毛が大勢いるのに自分自身は大丈夫というケースもあります。兄弟で全く体毛の特徴が異なるケースも珍しくありません。

遺伝は父親・母親双方のものを受け継ぎますので、仮にですが、どちらか一方の遺伝はハゲやすいとしても、もう一方の遺伝がハゲていないのであれば、ハゲる可能性はまさに五分五分。つまりはどちらに転ぶかわからないものです。この点からも、決して遺伝で全てが決まる訳ではないことが分かるのではないでしょうか。

多くの遺伝子が複雑にかかわりあっている

 遺伝によって受け継がれる薄毛の要因について説明をしましたが、薄毛に関しては、この他にもさまざまな遺伝子が複雑に絡み合い、要因となっているとされています。たとえば、「髪や肌を作るためのアミノ酸の代謝効率を決める遺伝子」や、「自律神経に関する遺伝子」、「ホルモンバランスの維持に関する遺伝子」など。ただ、 何か一つに決めつけて理由づけできる、というほど単純な話ではないと言えるでしょう。

もし、どうしても遺伝的な要因が気になるということであれば、 「5αリダクターゼの感受性の強さ」と「アンドロゲン受容体の感受性の強さ」に関する遺伝子については、AGA(男性型脱毛症)専門のクリニックなどで検査を受けられます。

遺伝子の要因というのは自分では分からないものなので、こういった検査を受けてみるのも、原因を解明して自身の心を落ち着ける、という意味ではいいかもしれませんね。

遺伝に対する予防策

本項目では薄毛に関する遺伝子的な要因について説明をしてきましたが、薄毛の原因は、必ずしも遺伝子に起因するものばかりではありません。

食生活の乱れによる栄養の不足や偏り、睡眠不足、過度なストレス、さらには髪の毛の洗い方が悪い、シャンプーの成分が頭皮と合わないなど、要因についてはさまざまなものが考えられます。

一概に何かに理由を決めつけてしまった場合、その他の原因を見落とし、結果として薄毛が著しく進行してしまうことにつながりかねません。

まずは自身の生活習慣を見直していくと共に、もし気になるのであれば、AGA専門のクリニックなどに足を運んで、ドクターに相談をしてみるといいでしょう。

年間に何百例もの症例に接してきた、薄毛改善の専門家とも言えるドクターであれば、薄毛の要因をある程度明確な形で特定し、最適な解決策や治療法を提示してくれるはずです。

フィナステリド

髪の毛に関しての遺伝の正体は、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスです。これらはすでに解明されていますので、働きを抑えるものであれば、遺伝にも「勝つ」ことができます。

男性ホルモンの働きを抑えるのが、フィナステリド。厳密にはAGAによる抜け毛の増加は、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が男性ホルモンと結合することで毛周期を乱して起こる現象です。フィナステリドは5αリダクターゼと男性ホルモンの結合を阻害することで、抜け毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑えます。

これらは体の中の目に見えない部分で起きていたことなので、人間の力ではどうすることもできない部分でした。しかし、フィナステリドであれば体の中、目に見えない部分の動きを抑えることも可能です。フィナステリドがAGA治療の基本とされているのも、すでにAGAのメカニズムが解明され、遺伝がどのような形で抜け毛に関わっているのかが解明されているからこそです。そのため、遺伝は決して「勝てない相手」ではないことが分かるのではないでしょうか。

PRP

PRPもまた、遺伝に対して効果が期待できます。遺伝は先にもお伝えしたように、血液を含めた「体質」ですが、PRPは自分の血液を採血し、成長因子を取り出して注入します。つまり、遺伝子のひとつである血液に対してのアクションだとわかるのではないでしょうか。

PRPの利点は成長因子を抽出する点にありますので、たとえすでに薄毛や抜け毛が進行しているとしても、成長因子「のみ」を頭部に注入しますので、効果が期待できる点にあります。

シャンプー等の場合、頭皮の表面には良い影響を与えることができますが、遺伝そのものになんらかの影響を与えているわけではありません。そのため、結局はさほど効果が出ないと嘆いている人も珍しくないのですが、PRPは注射を通して体の中にアプローチしています。これが外用薬による塗布との大きな違いで、ダイレクトに注入するぶん促進が期待できます。

毛髪再生治療
(PRP療法)に対応する
クリニック3選

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。