【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 抜け毛が増えてきた

抜け毛が増えてきた

この項目では、「抜け毛が増える原因」についてまとめています。抜け毛は誰にでもあるものですが、抜け毛が増えると髪の毛が薄くなるなど、気になることが増えてくるかもしれません。抜け毛にはどんな原因があるのか、増えるときはどんなで引き起こされるのかなど、細かいポイントを知っていくことで、適切な対処ができるようになるでしょう。

抜け毛について正しく知ろう

まずは、抜け毛についての知識を得ていきましょう。抜け毛がどういうものかを知ることで、おかしいときにもすぐに気づくことができます。

抜け毛の平均本数は?

人間は、普通に生活しているだけで1日50本から100本程度の抜け毛があるそうです。

これは人間の体が新陳代謝をしていく中で、古い毛が抜けて新しい毛が生えてくるというもの。100本というとなんだか多く感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、人間の髪の毛は全部で10万本程度と言われているので、割合で言えば0.1パーセントといったところです。

また、季節の移り変わりなどによっても、抜け毛の量には変化が現れます。ただ、必要以上に抜け毛がある、というときは、もしかしたら注意が必要かもしれません。原因に手をつけず放っておくと、いずれ薄毛へとつながってしまうかもしれません。抜け毛について適切な知識を学ぶことで、しっかり対策をしていきたいところですね。

どんな時に抜けやすいのか?

1日の内で最も抜け毛が多くなるのはいつでしょうか。それは、髪の毛を洗っているときです。髪の毛に手を入れ、シャワーなどで洗い流すことで、1日の大半の抜け毛が生じます。

ただ、それは髪の毛を洗うことで抜け毛が出ているのではなく、それまでに抜けていたものの髪の毛についていた抜け毛が流される、という形で生じます。よほどゴシゴシと力を入れて髪の毛を洗うということでなければ、シャンプーが直接の原因で抜け毛が増える、ということはありません。

また、ヘアブラシなどでブラッシングしたときも抜け毛が出ます。この際、髪の毛に引っかかっているからといって強引にブラッシングをしてしまうと、健康な髪の毛も抜けてしまいます。あとは、就寝中などにも抜け毛は出るので、気になるのであれば、寝起きの枕やシーツなどをチェックしてみてもいいかもしれません。

抜け毛が増えやすい季節は?

春や秋は抜け毛が増えやすいとされています。季節の変わり目は、人間も自然と次の季節に備えてさまざまな形で機能を変えようとします。そのため、頭髪にも影響が出やすいのです。

最も抜け毛が増えると言われているのが、秋。秋は1日200本以上毛が抜けることも珍しくありません。

また、秋は夏に受けた紫外線の影響から抜け毛が増えやすいとも言われています。夏はアウトドアで遊ぶという人も多いのではないでしょうか。海、プールにキャンプなど、まさにアウトドアシーズンですが、外での娯楽は紫外線を多量に浴びることになりますので、秋に夏場に浴びた紫外線の影響が表れ始め、抜け毛が増えます。

夏と冬で毛が生え替わる動物がいますが、それと同じことですね。これは自然現象の一つなので、通常であれば1ヵ月もしないうちに、抜け毛の量は落ち着いていきます。

もちろんあくまでも「増えやすい」であって、他の季節でも抜け毛が出ない訳ではありません。ライフスタイル次第では、他の季節でも抜け毛が増える点は覚えておきましょう。

本数が多い=薄毛ではない

そしてもちろん、毛は抜けるだけではありません。正常な状態であれば、抜けた分だけ髪の毛も生えてきますので、毛の量が大きく変わることはありません。

髪の毛全体の内1割程度は「休止期」といって、頭皮の下で毛母細胞がお休みしている状態となっています。2、3ヵ月を経てお休みが終わり、新しい毛が生えてきますから、毎日毛が抜けているといっても、髪の毛全体の量については、全く問題はありません。

ただし、不自然な形で抜け毛が増えてきている場合は、注意が必要です。その場合は、何らかの外的な要因、あるいは自身の体調の問題などが生じてきている可能性があるからです。ストレスをためてしまったり、食生活が乱れて必要な栄養が取りきれていなかったりすると、抜け毛というのは増えてきます。

また、睡眠不足も要因と言えます。あるいは、AGA(男性型脱毛症)という可能性もあるので、もし気になるのであれば、クリニックに足を運んでみることをおすすめします。

抜け毛が増える原因

AGA

AGAは抜け毛が増えます。AGAは毛周期を乱し、本来はまだまだ成長するはずの髪の毛の成長を阻害し、退行、抜け毛へと変化させます。AGAの厄介な点は、若い男性も無縁ではない点です。抜け毛や薄毛は30代後半、あるいは40代、50代の男性の悩みだと思われがちですが、AGAは20代の男性にも起こりえます。

20代前半でも、髪の毛が細いなと感じたり、抜け毛が増えているなと実感している場合、AGAの可能性が高いです。

遺伝

努力、ライフスタイルといった問題ではなく、遺伝の可能性もあります。遺伝の場合、いわば「体質」になりますので、抜け毛が増えるのも「既定路線」。毛が抜けていく体質である以上、抜け毛が増えるのは「その時がやってきた」ということです。

遺伝に関しては自分自身の努力とは関係ない部分での話になりますので、親戚に薄毛が多い場合には、いずれ自分自身もそのような頭髪になってしまうことを覚悟しておいた方が良いでしょう。

栄養成分や血行の問題

髪の毛を作るのは栄養なので、髪の毛を作る栄養が足りていない場合、抜け毛となります。また、しっかりと栄養を摂取しているとしても血行不良の場合、頭皮まで栄養が運ばれてきませんので、やはり抜け毛となってしまいます。

偏った食生活や、コレステロールの高い食生活を送っている人や、デスクワークやドライバーなど長時間同じ姿勢でいるので首肩周辺の血行不良を招いている人などがこれに該当します。

ストレスや日常生活

ストレス、あるいは睡眠時間の短さや運動不足などのライフスタイルも抜け毛に影響を与えます。ストレスや睡眠不足は自己免疫機能を低下させてしまいますので、抜け毛の増加に繋がります。

運動不足の場合、新陳代謝の鈍化や血流不良等が見込まれます。睡眠不足の翌日はやたらとイライラしたり、ストレスが溜まってくると頭部が急に痒くなったりといった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。それらがいわば免疫が低下していることを意味しているのですが、抜け毛の増加を招くことにもなってしまいます。

頭皮の疾患

頭皮になんらかの問題がある時にも抜け毛が増えます。たとえば頭皮が皮膚炎などを起こしてしまうと、痒みの中で抜け毛がふえてしまいます。また、切り傷等を負った際、皮膚のなかにある毛細血管に影響が及ぶと、その部分からは毛が生えなくなりますので、抜け毛を加速させてしまいます。

一日の抜ける平均本数は?

人間は一般的に一日で150本から200本毛が抜けると言われています。つまり、この範囲であれば、抜け毛は「自然現象」です。とはいえ、抜け毛を数えるのは簡単ではありませんし、そもそも抜けた毛すべて把握するのも現実的ではありません。寝起きの枕元、あるいは部屋に落ちている抜け毛の頻度等から、ある程度「抜け毛が激しいのか」がわかるでしょう。

抜け毛で考えられる病気

抜け毛が増えていると懸念されるのは、毛周期を乱すAGAです。AGAは髪の毛以外に悪影響を及ぼすものではありませんので、自覚症状が難しいのが現状。抜け毛が増えているなと自覚するとともに、スタイリングの際、これまでと同じように行なっているのになかなか決まらないと感じたり、寝癖が以前よりもダイナミックになっている場合、髪の毛が細くなる「軟毛化」が始まっている可能性が高いです。

抜け毛の予防策

規則正しい生活の順守

抜け毛が増えてきたなと思ったら、規則正しい生活の順守が大切です。髪の毛を構成する大切な要素が、食生活や運動、睡眠。

血行改善のためにマッサージを受けることで首肩周りの凝りが解消されるだけでも血行が改善されるなど、良い影響は多々あります。ライフスタイルの改善は決して簡単ではないかもしれませんが、なにもしなければなにも変わりませんので、徐々に自分のできる部分から改善してみるとよいでしょう。

サプリメントの服用

食生活の改善も抜け毛の予防に繋がります。髪の毛の生成に大切とされている亜鉛やたんぱく質などの摂取が大切ですが、それらを日常の食生活だけで摂取しようとすると、摂取カロリーが増えて太ってしまうことも懸念されます。そこで、必要な成分だけを効果的に摂取できるサプリメントを服用してみるのも良いでしょう。

AGA治療

抜け毛の原因がAGAにあるのであれば、AGA治療が有効です。AGA治療の柱はフィナステリドの服用とミノキシジルです。フィナステリドによって抜け毛を食い止め、ミノキシジルによって発毛促進。この二本柱がAGA治療になります。とくにフィナステリドは体の中に直接アプローチしますので、生活習慣の改善だけでは得られない効果をもたらしてくれることでしょう。

PRP

PRP療法という手段もあります。PRPは自分自身の血液から成長因子を抽出し、ふたたび体に注入するものです。これにより、頭皮は若々しさを取り戻します。

抜け毛の理由のひとつに血行不良がありますが、年齢とともにさまざまなものが衰えます。新陳代謝が衰えるのも結構が関係しているのですが、PRPによって部分的に成長因子を注入することで、頭部が活性化し、再成長が促進され、抜け毛防止に繋がるとともに、新しい毛が増えていくことも期待できます。

AGA治療との大きな違いが、副作用リスクが少ないこと。自分の血を使うため拒絶反応などが起こりづらいのが特徴です。

毛髪再生治療
(PRP療法)に対応する
クリニック3選

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。