【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » つむじが目立つ

つむじが目立つ

そのつむじ大丈夫?見分け方

いわゆる「てっぺんはげ」と呼ばれている、頭頂部、つむじ付近のはげ。いわば「はげの代名詞」ともいうべきものですが、つむじが薄くなって気になっている方、多いのではないでしょうか。

しかし、一方でつむじは自分の目で見ることができない部分なので、自覚するまでは、自分のつむじがどのような状態なのかさえよく分かっていない人が多い部分でもあります。

入浴後に確認してみよう

つむじの確認方法は、今の時代であれば自分のスマートフォンで撮影したり、あるいは鏡を上手く組み合わせて確認することができるのですが、つむじの「毛の状態の確認」という点では、入浴後にチェックするのが良いでしょう。

入浴後、髪の毛は水分のおかげである程度の束感が出ます。そのため、毛量が少なくなっていると、地肌が見えてしまいます。日常生活の中では「何となく薄くなっているかも」程度でも、入浴後は地肌が見えるなど、つむじの危険度が如実にあらわれることになるでしょう。

つむじが薄くなる原因は?

偏った食生活

偏った食生活は、髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があります。髪の毛の成長に必要な栄養が不足してしまい、結果としてつむじが薄くなる原因となることがあるのです。たとえば脂肪分が多い食事を取りすぎていた場合、皮脂の分泌が過剰になり、頭皮の毛穴が詰まりやすくなって発毛が阻害されることがあります。また、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養が不足しても髪の毛の成長に必要な栄養素が足りなくなり、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたりすることにつながります。

もし食生活が乱れていると感じているなら、栄養のバランスを考えた食事をするように心掛けてください。

ストレス

ストレスをためてしまうと自律神経が乱れ、血行不良を起こしやすくなるといわれます。頭皮には毛細血管が張り巡らされており、血液によって発毛・育毛に必要な栄養素が送り届けられるのですが、血行不良になってしまうと十分な栄養が運ばれず、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

とくにつむじまわりはもともと血行の悪い場所であり、ストレスなどの理由で血行不良が起きると、その影響を大きくうけてしまいます。そうならないよう、ストレスについてはきちんとケアをしていく必要があると言えます。

喫煙

喫煙はストレス発散になる反面、健康を害すると言われています。これは、毛髪にとっても例外ではありません。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがありますが、これによって毛細血管の働きが鈍くなることがあります。そうすると頭皮の血流の悪化につながり、髪の毛に必要な栄養素が十分に行き渡らなくなってしまうのです。

ストレスや食生活の面で問題がなかったとしても、タバコによってつむじが薄くなってしまうということは十分にあり得るので、気になるのであれば喫煙の頻度を減らすなどして、対策をしていく必要があるかもしれません。

睡眠不足

人間は、睡眠を通じて疲労を回復します。また、体の成長や新陳代謝も眠っている間に行われるので、睡眠は人の体にとって非常に重要な要素となっています。ただ、近年では慢性的な睡眠不足というのが問題になっています。頭の働きが鈍くなるなどの問題が指摘されていますが、睡眠不足は髪の毛にとっても、決していいことではありません。髪の毛の発毛・育毛は、睡眠中に行われているからです。眠っているときは横になっているので頭と心臓の高さが同じとなり、日中に立っているときよりも血流に重力の影響を受けず、頭皮に血液を届けやすいと言われています。

このように、睡眠不足が続くとより効率的に発毛・育毛を促す環境を作れていない、ということにつながってしまうのです。

誤ったヘアケア

健康な髪の毛を育むためには、適切なヘアケアが必要です。ヘアケアにもいろいろな方法がありますが、最も一般的で、多くの人が日常的におこなっているのが、洗髪です。洗髪によって髪の毛の汚れや余計な皮脂を洗い流すことで、頭皮を清潔に保ち、発毛・育毛が行われやすい環境を整えることにつながります。また、髪の毛を洗う際に頭皮のマッサージをすることで、血流をよくする、ということもあります。しかし、洗髪の方法が間違っていた場合、髪の毛に余計な負担がかかってしまうと共に、適切な発毛・育毛環境が損なわれてしまう、ということがあるのです。

洗髪の際はガシガシと爪を立てず、指の腹を使って頭の汚れを洗い流すようにしてください。その際、細かく指圧をしていくと、頭皮の血行の改善につながります。また、シャンプーの種類にもこだわる必要があるでしょう。頭皮の健康のためには、弱酸性のアミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーを使うのが効果的です。もし肌に合わないということがあるのであれば、すぐに使用を控えて違うものを使うようにしてください。

つむじの隠し方

バーコード

いわゆる「バーコード」と呼ばれているスタイル。

つむじの毛が薄くなっているので、つむじ周辺の毛をつむじに被せる手法です。頭皮そのものを隠すことができます。

ただし、この場合周辺の髪の毛をやや強引に頭頂部に被せることになりますので、地肌を隠すことはできても、周囲の人が見ると髪型に違和感を覚えるかもしれません。その点では「有効な手段」とは言い難いでしょう。

帽子などの被りもの

帽子であれば、簡単に隠せると共に、バーコードのように周囲に違和感を与えることもありません。帽子はTPOによりけりです。

例えば、現場仕事であればヘルメットで隠せます。しかし、デスクワークの場合、仕事中に帽子やヘルメットをかぶるわけにはいきません。仕事以外でも冠婚葬祭など、帽子の着用がおかしいシチュエーションでは、どうしても薄くなってしまったつむじを晒してしまうことになります。

塗りもの、スプレー

頭皮に黒い粉末、スプレー等を塗りつけて誤魔化すものです。こちらの利点は、粉塵をかけることで上手くごまかせる点に加えて、あくまでも頭皮に塗るものなので、帽子やパーカーのようにTPOを気にする必要がないというところです。

デスクワークはもちろんですが、冠婚葬祭等、厳粛な場においても問題ありません。

ただし、その都度振りかけることになるのでコストがかかる点や、地肌に直接塗ることになるので地肌に負担をかけてしまう点もデメリットです。肌が弱い方が長時間つけ続けるのは難しいかもしれません。

つむじハゲは治る?

つむじハゲは、薄毛の中でも改善しやすい部位と言えます。

ハゲには後退減少、M字ハゲ、そしてつむじハゲとさまざまなタイプがありますが、その中で最も改善しやすいとされているのが実はつむじハゲです。

その理由として、つむじ部分は治療効果が出やすいからです。一方、M字ハゲは治療に時間がかかってしまうと言われています。

改善しやすい理由

つむじハゲが改善しやすい理由は、ホルモンの影響が如実に現れる部分だからです。AGA治療は、いわばホルモン治療という側面もありますが、ホルモンの影響を受けやすいつむじは、多少の効果もダイレクトに伝わります。

対策

PRP

PRPは自分自身の成長因子を注入する手法ですが、つむじの部分にダイレクトに注入が可能です。また、つむじはホルモンの影響を受けやすい部分なので、PRPの影響もまた受けやすい部位といえます。

PRPの場合、自分自身の髪の毛が生えてくるのはもちろんですが、成長因子が「太くてしっかりした毛」を生やすための土壌をしっかりと整えてくれるので、ただ単に生えてくるだけではなく、自信を持てる毛が生えてくることでしょう。

AGA治療

つむじの薄毛は、AGA治療でも効果が出やすい部分です。

フィナステリドの服用だけでもつむじが「埋まった」との声もあるほど。ミノキシジルを有効活用することで、つむじ部分が埋まったとの声も多々聞こえてきますし、先にもお伝えしたように効果が出やすい部分なので治療のモチベーションを保ちやすいことでしょう。

また、PRPとAGA治療薬を併用することで、より高い効果を期待できます。

かつら

かつらであれば、人毛なのでTPOを気にする必要がありません。いつでも被っていられますので、人目を気にする必要もないでしょう。

ただし、常に「かつらが外れたら」という不安に付きまとわれるというデメリットはあります。少しずれているだけで周囲は「なんとなく変だ」と気付くものですし、あまりにもボリュームがあるかつらを選んでしまうと、すぐに気付かれてしまう可能性もあります。

換気に気を付ける

仕事でヘルメット、あるいは帽子などの被り物をすることが多い人は、頭皮を蒸らさないよう、換気に気を付けることも大切です。頭頂部が蒸れてしまうことで毛穴が詰まりやすくなり、結果として毛根にダメージを与えてしまいます。仕事柄、常に着用していなければならない場合には換気を気にすることも難しいかもしれませんが、蒸れている状態が頭髪や頭皮に好ましくない点は覚えておきましょう。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。