【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 体毛が濃くなってきた

体毛が濃くなってきた

体毛が濃くなる原因

体毛が濃くなる原因として、女性ホルモンが減少している点が挙げられます。

男性であっても、男性ホルモンと女性ホルモンが体内にありますし、女性であっても体内には女性ホルモンだけではなく、男性ホルモンがあります。

男性ホルモンは体を作るなどの役割がある一方で、5αリダクターゼと結合することで、脱毛因子であるDHTへと変化してしまいます。

つまり、男性ホルモンが多いと、DHTを作り出すことが増えるので、薄毛や抜け毛になりやすいのです。また、DHTは毛を濃くする成分もあります。男性ホルモンが多い人ほど、毛深かったりヒゲが濃いのはそのためです。

女性ホルモンは、このような男性ホルモンの働きを抑えてくれる役割があります。体毛が濃くなっているのは、男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモンが減少していることで、男性ホルモンがより活発になっていることを意味しています。

そして体毛が濃くなるだけではなく、薄毛や抜け毛も増えていくのです。

剃ると濃くなるのでは?

体毛は剃ると濃くなるとの噂もありますが、こちらは都市伝説です。もしもですが、毛に剃るたびに濃くなる性質が備わっているのであれば、薄毛や抜け毛で悩み始めたら剃ってしまえば良いだけです。

ではなぜそのような都市伝説が広まったのかといえば、毛を剃ると、毛の表面が切り株のような状態になったまま生えてくるからです。そのため、毛の「表面積」が大きくなったかのような錯覚を覚え、「毛が太くなった」と錯覚してしまったとされています。

実際には剃って太くなることは考えられないものなので、ムダ毛の自己処理を繰り返して毛が濃くなることはありえません。

体毛を薄くする方法

女性ホルモンを増やす

体毛を薄くするための方法として、女性ホルモンを増やすことが挙げられます。

女性ホルモンに近い働きをすることで美容の世界ではイソフラボンが人気を集めていますが、薬であれサプリメントであれ、女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取すると、次第に体毛は薄くなっていくことでしょう。

ただし、あくまでも「次第に」です。一度女性ホルモンに近い成分を摂取したからといって、急激に体毛が薄くなることはありません。

男性ホルモンが影響している部分であればフィナステリド

体毛はさまざまな場所に生えているものですが、ホルモンの影響が強い部分に関しては、フィナステリドの服用を続けることで薄くなることもあります。具体的には脇や陰毛です。これらの部分は男性ホルモンの影響を多分に受けていますので、男性ホルモンの働きを抑える役割があるフィナステリドを服用することで、幾分薄くなることもあるようです。

エステやクリニックでの脱毛

体毛を確実に薄くしたいのであればエステやクリニックでの脱毛が最も直接的です。

エステやクリニックでの脱毛は、毛の再生細胞に大きなエネルギーを照射することで徐々に毛は薄くなります。

但し、あくまでも「毛の再生細胞」へのアプローチであって、ホルモンに働きかけるものではありません。そのため、エステやクリニックでどれだけ脱毛を行ったとしても、頭部には影響はありません。

体毛が濃くなる病気ってある?

体毛が濃くなる病気としては多毛症が挙げられます。

こちらはホルモンが影響するもので、何らかの形でホルモンバランスが崩れたり、あるいは多くなると体毛が濃くなります。

AGA治療でも体毛が濃くなる

病気ではないのですが、AGA治療に於いて体毛が濃くなるケースも確認されています。

それは、飲むタイプのミノキシジルです。

ミノキシジルは飲むタイプと塗るタイプがあります。どちらのタイプも血管拡張による血流増大からの発毛促進は同じなのですが、塗るタイプは気になる部分に直接塗ることで気になる部分周辺の血管拡張効果を期待するももですが、飲むミノキシジルはタブレットとして服用することで、全身の血管拡張を促進します。

そのため、飲むタイプのミノキシジルにより、毛が濃くなってしまったり、あるいは元々生えていなかった部分から毛が生えてきたといったケースもあるようです。

毛深いとはげる?

毛深いとはげるとの都市伝説もありますが、厳密には「毛深いとはげやすい」が正しいでしょう。

毛深いということは、それだけ男性ホルモンが多いことを意味していますので、女性ホルモンの減少と共に、抑える役割が無くなった男性ホルモンは5αリダクターゼの影響でDHTへ進化し、頭髪の抜け毛を促進させます。

しかし、必ずはげると断言できるものではありません。はげるか否かは、男性ホルモンの量ではなく、男性ホルモンが5αリダクターゼと結合するかです。

男性ホルモンの量が多ければ多いほど5αリダクターゼと結合する可能性が高いので、「毛深いとはげる」は間違いとは言い切れませんが、フィナステリド等で男性ホルモンの働きを抑えることができれば、毛深くともはげを防止できることでしょう。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。