【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 頭皮にかゆみや赤みがある

頭皮にかゆみや赤みがある

頭皮のかゆみ・赤みの原因

頭皮のかゆみや赤みなどに悩んでいる方は、少なくないのではないでしょうか。原因を突き止め、改善させていきたいところではありますが、原因にはいろいろなものがあり、それによって対処法も変わってきます。原因や、それに応じたケアの方法などを知っておけば、悩みの解決につながっていくかもしれません。

シャンプー(薬剤かぶれ)

頭を洗わないまま放置しておくと、脂分や汚れがたまることで皮膚の常在菌が活発化し、かゆみが発生する場合があります。そのため、毎日頭を洗うというのはかゆみを防ぐためには非常に大事なことです。ただし、あまりにシャンプーをし過ぎると、頭皮にとって最低限必要な脂分まで洗い流してしまい、頭皮の皮脂不足、それに伴う乾燥を引き起こしてしまうことがあります。皮脂は頭皮にとってバリアのような役割を持ち、不足すると分泌して補おうとしますが、シャンプーをし過ぎると、皮脂不足と過剰分泌を繰り返すような状態になり、外部刺激でかゆみを感じやすくなる状態になってしまいます。

また、シャンプー自体との相性の問題もあります。シャンプーが肌に合わないとアレルギー症状が起き、かぶれが出てしまうことがあります。もしかゆみが続いているのであれば、シャンプーを変えてみてもいいかもしれません。

パーマやヘアカラーなど

パーマやヘアカラーを変えるのは、女性はもちろん、男性にとっても習慣化している人は多いでしょう。ただし、必要以上にパーマやヘアカラーを当てるのは頭皮にとって負荷がかかり、悪影響を及ぼすことがあります。頭皮や毛髪は弱酸性(pH4~6程度)の状態に保つのが良いとされているのですが、色を付けたりパーマのような癖を作る場合には、髪のキューティクルを開く必要があり、薬剤の力で毛髪をアルカリ性に傾けます。その際の薬剤の負荷によって頭皮が荒れてしまい、かゆみなどの皮膚トラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。パーマやヘアカラーのやりすぎも、気を付けるようにしてみてください。

乾燥肌

エアコンは過ごしやすい環境を保つのに必要ですが、場合によってはエアコンの影響によって頭皮が乾燥しやすくなってしまうことがあります。乾燥した頭皮は外的刺激に敏感になりますので、ちょっとしたことでかゆみを感じやすくなってしまうため、注意が必要です。暑いから、寒いからといってエアコンの効いた部屋に長時間居続ける、運動をしなくなるということで、全身の循環機能に悪い影響が生じることもあります。

皮膚炎(乾癬)

頭皮のかゆみは、皮膚炎が原因であるケースも考えられます。皮脂の分泌が多い脂漏部位(髪のはえぎわ、まゆげ、鼻のわきなど)には、「脂漏性皮膚炎」というカサカサした湿疹ができることがあります。新生児~乳児期と思春期以後に多くみられます。フケが出てかゆくなり、ひどくなると固まってかさぶたになることもあるので、注意が必要です。また、発疹が表れ、皮膚の生まれ変わりが早くなり鱗屑(りんせつ)という白いフケになってポロポロとはがれてくる乾癬(かんせん)という病気の可能性も考えられます。他人にうつる病気ではありませんが、もしフケが気になるのであれば、一度病院に行ってみてもいいかもしれません。

あせも

暑い時期には汗をかくものですが、それによってあせもができ、かゆみを引き起こす場合もあります。あせもは皮膚の表面近くに汗がたまる水晶様汗疹(白いあせも)と、皮膚の深いところに汗がたまる紅色汗疹(赤いあせも)の2タイプがあります。このうち、紅色汗疹に関しては赤く小さなブツブツができ、かゆみを感じるだけでなく、場合によってはチクチクとした刺激を感じることもあります。

カビ・ダニ

頭皮には、マラセチアというカビの一種が常在菌として存在しています。普段は特に害を及ぼすことはないのですが、汗や皮脂などによってこれが増殖すると、脂漏性皮膚炎の原因になります。マラセチアは、頭を洗ったあとに濡れたまま放置しておくと発生しやすくなります。また、人の毛穴に潜む皮膚ダニが原因ということもあります。清潔にしていても皮膚にすみつくことがあり、増殖するとダニの排泄物が増え、アレルギーなどを引きおこす原因になります。

赤み・かゆみのダメージが薄毛の引き金に

頭皮のかゆみや赤みにはさまざまな原因がありますが、対策をせずに放置しておくと、髪の毛が抜けてしまうことがあります。皮膚の炎症は、頭皮へのダメージがあるからです。中には、頭のかゆみを感じていたところがはげてきた、という経験がある方もいるかもしれません。頭のかゆみを感じたときには、原因をある程度限定した上で、必要な対策を取っていく必要があるでしょう。また、自己免疫やストレスなどが原因と考えられる円形脱毛症を患った場合、髪が抜ける前にかゆみを感じることがあります。頭のかゆみは、頭皮の異常事態のサインと言えるものなので、見落とさないよう気を付けておきたいところです。

頭皮の赤み・かゆみの予防法・ケア方法

頭皮の赤み・かゆみについては、事前のケアをしておくことが大切です。些細なことでも意識できるポイントはいくつかあるので、日頃から気を付けていくといいでしょう。また、トラブルを抱えてしまったということであれば、速やかに病院に行き、診断を受けるようにしましょう。そして、場合によっては塗り薬などを処方してもらうこともあります。その場合は用法用量を守って、忘れないようにケアしていきましょう。入浴後など頭や頭皮が清潔な状態で、かゆいところに指で直接塗ってください。

適切な洗髪

頭皮のかゆみや赤みを防ぐのに一番効率的な方法は、適度な洗髪です。常に髪の毛をきれいに保つように意識していけば、頭皮トラブルの発生をかなりの割合で防ぐことにつながります。ただ、もちろん汚れを溜めすぎてもだめなのですが、洗いすぎてもよくありません。できるだけ洗剤が残らないよう、丁寧にすすぐようにしていきましょう。そして大事なのは、頭を洗ってお風呂から出た後に、しっかりと髪の毛を乾かすこと。髪の毛を塗れたままで放置しておくと、頭の常在菌が活発化し、頭皮トラブルを招く可能性があります。タオルで水気をとり、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

生活習慣の改善

頭皮トラブルは生活習慣の乱れによって引き起こされる可能性があります。頭皮環境を適切に保つため、生活習慣についての基本的なポイントを整理しておきましょう。

適切な睡眠習慣の確保

睡眠については、量と質の両方をケアする必要があります。睡眠を適切に取ることで、頭皮環境の正常化にとって大切です。特に、眠り初めの3~4時間程度を邪魔されないようにすることが大切です。

ストレス解消を心掛ける

ストレスも、回り回って頭皮の荒れにつながることがあります。ストレス解消についても、自分なりの方法を確保しておくといいでしょう。

食生活に気を付ける

食事は頭皮に対し、良くも悪くも影響があります。暴飲暴食や脂分の多いスナック菓子やファストフードをよく食べるといった食生活は、毛髪や頭皮環境に良くありません。毛髪や頭皮にとっては、タンパク質や亜鉛、ビタミン類などがいいとされているので、これらを意識した食生活を心掛けてください。

運動習慣をつける

少しでも運動の習慣を付けることで、細胞の活性化につながり、頭皮に良い影響をもたらします。ウォーキングなどで大丈夫ですので、意識するようにしましょう。

髪の毛の扱いに気を付ける

洗髪のしすぎや頭を乾かさないなどに加え、スタイリング剤のつけすぎ、ドライヤーの熱風の当てすぎなどもよくありません。正しくケアをしていくようにしましょう。

AGA治療

「男性型脱毛症(AGA)」など、薄毛に悩んでいる人には頭皮に炎症が見られるケースもあります。炎症があった場合にはすぐにクリニックで相談するようにしてください。特に、自己細胞を用いるPRP療法(自己多血小板血漿注入療法)が効果的なケースがあるので、クリニックで詳しく話を聞いてみるといいでしょう。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。