【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 生活習慣が乱れている

生活習慣が乱れている

生活習慣の乱れは薄毛につながる?

薄毛についていろいろと調べていると、遺伝・体質や頭皮への負担だけではなく、生活習慣の乱れを指摘する声も多々あります。

生活習慣がなぜ薄毛に繋がるのか、いくつかリサーチしてみました。

薄毛対策につながる生活習慣

喫煙を控える

喫煙のデメリットとしては、内臓への負担を連想する方が多いことでしょう。喫煙者と非喫煙者の肺の写真を見比べると、如何に喫煙が体の中に悪影響を与えているのかが分かるかと思います。しかし、タバコが影響を及ぼすのは内臓だけではありません。タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる作用もあります。結果として血流も悪くなり、頭皮への血流減少によって頭皮まで十分な影響がいきわたらなくなるため、薄毛になりやすいといわれています。

飲酒に関しては、適度であればストレス解消効果もあるのですが、喫煙の場合はストレスを解消するどころか、ストレスのもとになります。特に、ニコチン切れの離脱症状によるイライラは大きなストレス要因。いずれにせよ、喫煙が体に負担をかけつづけていることを忘れてはなりません。

暴飲暴食を控える

暴飲暴食を行っていると、栄養が偏る傾向にあります。

暴飲暴食で栄養を満遍なく取ることは難しいというよりも、暴飲暴食をする場合は、自分の好きなものだけを食べてしまいがちです。生物にとってエネルギーとなる糖質や炭水化物は特においしく感じてしまいやすく過剰に摂取しがちで、栄養が偏ります。髪の毛の生成にはたんぱく質やアミノ酸が大切なのですが、それらの栄養を摂取できていなければ、いくら食べてもしても頭皮には栄養が届きません。

仮にたんぱく質やアミノ酸を含めた暴飲暴食を行ったとしても、摂取過多の栄養は体外に排出されてしまいますし、そもそも現実的にそれらが含まれている成分だけを暴飲暴食するのは難しいでしょう。

また、特に一度糖質を摂りすぎると、血糖値が急激に上昇し、その後は一気に下がります。血糖値が一気に下がると腹もちが悪くなるため、空腹になってしまい、「もっと食べたい」と思うようになってしまいます。

暴飲暴食に関連していることとして、咀嚼も挙げられます。しっかりと噛んで食べているか、あるいはあまり噛まずに飲み込んでしまうかは、同じものを食べていても、栄養の吸収が異なります。よく噛んで物を食べると、物を細かくした状態で体内に入れますので、体内での吸収率が高まります。一方、あまり噛まずに飲み込んでしまうと、固形物に近いまま腸内に送られることで、腸内で上手く消化ができません。

いくら栄養素の良いものを食べていたとしても、消化されないようでは対外に排出されるだけでしかありません。「よく噛むこと」とは様々な所で囁かれていますが、薄毛対策においても決して無関係ではありません。

日常生活に運動を取り入れる

日常生活の中心は仕事になりがちなので、運動不足になってしまうのは致し方ない部分ではありますが、運動不足もまた、薄毛の理由の一つです。運動不足だと、やはり新陳代謝が鈍化しますので、老廃物が体の中から出ていきません。そのため、血管の中にも老廃物が蓄積されてしまい、血行不良を招くことになります。

睡眠時間を確保する

忙しい日々が続くと、どうしても睡眠時間を削らざるを得ません。時間の工面において睡眠時間削減が最も手っ取り早いからこそなのですが、睡眠時間が短いと自律神経が乱れやすくなります。睡眠不足が続くとストレスを感じやすくなったり、集中力が散漫になったりします。

特に、睡眠不足が続くとストレスを感じやすくなります。ストレスは自律神経を乱し、免疫を低下させてしまうことで血行にも悪影響を及ぼします。ストレスでイライラしているだけなのに、抜け毛が増えたり体が痒くなったりするかと思いますが、睡眠時間を確保することで、耐性が高まります。結果、抜け毛対策へとつながってしまうのです。

ストレスを発散させる

先ににもお伝えしたように、ストレスは薄毛にとっても良いものではありませんので、常日頃からストレスを発散させることが大切です。

ストレス社会とも揶揄されている現代社会においては、誰もが大なり小なりストレスを抱えているものですし、ストレスを感じないよう生活することは簡単ではありません。

そこで大切なのが、ストレスを「感じない」ではなく、しっかりと発散させることです。

職場と家の往復だけではなく、友人との時間や趣味に没頭するなど、ストレスを適度に解消させる環境を整えることも、広い意味では薄毛対策の一環です。

常日頃からマッサージを取り入れる

日常生活の中にマッサージを取り入れてみるのも良いでしょう。

疲れた時だけマッサージを行うのではなく、寝る前、或いは入浴中など決まった日常生活の中に自然と取り入れることで、マッサージの効果を得るだけではなく、徐々にではありますが体質の改善にも繋がります。

限界ギリギリまで疲労が蓄積されてからマッサージを行うよりも、毎日少しずつでも良いのでマッサージを行って疲労を軽減した方が、疲労の蓄積を防ぎますし、毎日て城戸で良いので負担も少ないです。週に一度一時間みっちりとマッサージを行うよりも、一日数分程度でも良いので毎日行った方が、毎日の疲労軽減・回復に繋がりますし、自分自身の負担も低いので、日常生活に上手く取り入れてみると良いでしょう。

生活習慣を正しても薄毛が気になる

薄毛の原因はさまざまにあります。遺伝的な要因の他、睡眠不足や栄養の偏りなど、日々の生活習慣によって影響が出てくることもあります。ただし、生活習慣を見直しても薄毛や抜け毛が改善されないということであれば、別の要因を疑う必要があるかもしれません。どんなところに気を付けていくべきか、紹介していきます。

ヘアケアを見直す

まずは、ヘアケアの方法が正しいかどうかを見直します。具体的には日々の洗髪になるのですが、このやり方が間違っていると、薄毛を促進させてしまうことにつながりかねません。以下、洗髪の正しい方法についてお伝えしていきます。

しっかりすすぐ

洗髪の前にはまずお湯で髪の毛をすすぐと思います。その際、軽く濡らす程度ではなく、しっかりとほこりや汚れを落としましょう。時間で言えば、3分から5分程度行うのが推奨されています。

シャンプーのつけすぎに注意

シャンプーをつける際は手のひらにとって泡立てますが、あまり大量に泡立てると、流し残しが出てしまう可能性があります。多すぎず少なすぎず、適量をとって十分に髪の毛全体に行き渡らせるようにしてください。その際は、指の腹の部分で円を描くようにマッサージしながら頭皮を洗うと、頭皮のマッサージ効果も得られます。なお、爪を立てて頭皮を傷つけないように注意してください。

リンス、トリートメントの違いを意識

リンスとトリートメントは、実はそれぞれに用途が違います。その差を意識するといいでしょう。リンスは、髪の毛の表面を滑らかにすることで、パサつきを抑えてくれます。それによって、キューティクルが痛むのを予防してくれます。また、トリートメントは髪の毛の内部に浸透し、髪の毛の状態を整えてくれるものです。傷んだ髪の毛を補修、ケアすることで、髪の毛の質感を向上させてくれるものもあります。トリートメントにはリンスの効果を持ち合わせているものもあるので、可能であればトリートメントを使用することをおすすめします。

ドライヤーで乾燥させる

髪の毛を洗った後、長時間塗れたままで放置しておくと、雑菌が繁殖してしまい、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼします。髪の毛を洗った後は、タオルでしっかりと水気を取り、その後はドライヤーで乾かしてください。なお、ドライヤーを使ったことによる抜け毛が気になるかもしれませんが、それは自然に抜けていた髪の毛ですので、問題はありません。

頭皮への刺激を避ける

頭皮に刺激があると、発毛・育毛環境に悪影響が出ることがありますので、できる限り避けましょう。たとえば、日中の紫外線やドライヤーの熱風を近くから当て続ける、洗髪の際にお湯を必要以上に熱くする、などです。頭皮に余計な刺激を与えないことで、発毛・育毛が行われやすい環境を整えていくことが重要です。

クリニックを受診する

もし、このような対策をしていたとしても抜け毛が収まらない、男性であればAGA(男性型脱毛症)になってしまっている可能性があります。AGAを発症していた場合、セルフケアで食い止めることは困難であり、クリニックでの適切な治療が必要となってきます。もし、どうしても状況が改善しないのであれば、一度クリニックに行ってカウンセリングや診察を受けることをおすすめします。そこでAGAだと診断された場合は、医学的見地を元に開発された薬物治療などを受けられますので、まずは専門家の意見を聞くことが重要です。

薄毛でクリニックに行くことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、こうしたクリニックではプライバシーに最大限配慮し、患者を第一に考えた対応をしてくれます。悩んでいる間に手遅れになっては遅いので、なるべく早めに相談をしてみるようにしましょう。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。