【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 頭皮にかさぶたができる

頭皮にかさぶたができる

頭皮にできるかさぶたの原因

頭皮にかさぶたができて気になる…という方もおられるかもしれません。そういう方はぜひこのページをご覧ください。ここでは、頭皮にかさぶたができる原因と予防法、ケア方法などについて解説しています。最後までお読みになれば、健全な対処法が理解できるようになるでしょう。

脂漏性皮膚炎

頭皮にかさぶたができる一番大きな原因は、頭皮が脂漏性皮膚炎になることです。

脂漏性皮膚炎とは、真菌のマラセチアが頭皮上に繁殖することにより皮脂の分泌が過剰になり、皮膚が炎症を起こすと同時に免疫力が低下していく皮膚疾患です。

頭皮のかゆみを爪でひっかいても、通常なら血が出ることもありませんが、脂漏性皮膚疾患ではほんのわずかな刺激でも血が流れてしまい、それがかさぶたになるという悪循環を辿ります。

パーマやヘアカラーなど

パーマやヘアカラーを使用している方も多いと思いますが、実はパーマやヘアカラーも頭皮にかさぶたができる原因になる可能性があります。

なぜなら、パーマにしろヘアカラーにしろ、薬剤と熱を使用によりアレルギー反応が起きたり、頭皮を刺激されて炎症を起こしてしまうこともあるからです。

直接的な原因とはなりませんが、パーマやヘアカラーの薬剤が肌に合わず、炎症を起こして頭皮がかゆくなったり痛みを感じるような状況は、頭皮にかさぶたができる温床となるでしょう。

頭皮が乾燥している

シャンプーで使用する薬剤が強すぎたり、ゴシゴシ洗いすぎたり、ドライヤーの当てすぎなどによって頭皮が乾燥すれば、そのことも頭皮にかさぶたができる原因になります。特に、頭皮は普段から外気にさらされているため、ちょっとした空気の変化で乾燥しやすく、そこへさらに洗いすぎやドライヤーの熱が加わると、あっという間に頭皮の水分が失われて乾燥してしまいます。

何度もかさぶたをはがしている

ストレスなどでホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが過剰になって、かさぶたを剥がすことがクセになる人もいます。

実はこのことも、頭皮にかさぶたをできやすくする原因になるので、注意が必要です。せっかくできた、かさぶたを自然治癒する前に剥がしてしまえば、免疫が失われて炎症しやすくなります。

剥がすクセを治す必要がありますが、根本的にはストレスを減らすことが重要です。

体質的にかさぶたができやすい

メカニズムは解明されていませんが、元々、かさぶたができやすい体質の人もいます。生活習慣や食生活、シャンプー、ヘアカラー、パーマの使用法など、特別な原因が思いつかない場合は、このタイプの可能性が高いでしょう。

頭皮へのダメージが薄毛の引き金に

頭皮にかさぶたができることは、単に一つの症状が頭皮に現れたということだけでなく、より深刻な状況をもたらす可能性があることを認識しなければなりません。

その状況とは、頭皮にかさぶたができることが、薄毛の引き金になる可能性があるということです。なぜなら、頭皮にかさぶたができることは、頭皮がダメージを受けたことを意味するからです。

そしてそのダメージを継続的に受け続けるなら、薄毛を招いても不思議ではないでしょう。従って、頭皮にかさぶたができる原因への対策を、しっかり講じておかなければなりません。

頭皮の赤み・かゆみの予防法・ケア方法

頭皮がなんらかの刺激を受けて乾燥、あるいは炎症することで、かゆみが発生したり赤みができるメカニズムは理解できますが、問題はそれらの症状がかさぶたを作る原因であり、慢性化すれば抜け毛に繋がる可能性もあることです。

従って、頭皮の赤み・かゆみに対しては、正しい予防法・ケア方法を知っておく必要があります。具体的にどのような対策ができるか、方法を列挙してみましょう。

かさぶたははがさない

すでに頭皮にかさぶたができている場合の対処法ですが、かさぶたは無理に剥がさないようにしてください。かさぶたができるのは完治した証拠だと思うかもしれませんが、実体は、崩壊した皮膚と血液、細菌の塊です。それにも関わらず、かさぶたをむやみに剥がすと真皮層が露出してしまい、そこから雑菌が入り込んで免疫が失われ、症状が逆戻りして肌トラブルが拡大してしまいます。

睡眠を取る

頭皮におけるフケ、かゆみ、赤みなどの症状は、睡眠不足によるホルモンバランスの乱れに起因している可能性もあると言われています。

なぜなら、睡眠の質が落ちると女性ホルモンより男性ホルモンの分泌が多くなり、この男性ホルモンの過剰分泌は頭皮のトラブルを招く引き金になるからです。

従って、睡眠時間はしっかりと確保し、なるべく質の高い睡眠を取るようにしましょう。

適切な洗髪をする

頭皮環境を健全に保つには、適切な方法で洗髪することも大事です。

適切な洗髪とは、洗浄力が強すぎない自分の肌や体質に合ったシャンプーを使用することから、シャンプーを十分に泡立て念入りに洗うこと、同時にゴシゴシ洗いすぎないようにすること、薬剤のすすぎ残しがないようにすることなど、多くのポイントが含まれます。

特に重要なことは、皮脂を洗い流しすぎないようにすることです。皮脂を洗いすぎると頭皮の乾燥を招いてしまい、肌トラブルの温床になります。

セルフケアで改善しなければ早めの受診を

洗髪の仕方やシャンプーの選び方、食生活、睡眠時間、ストレスを減らすなど、頭皮トラブルに対してはセルフケアで対処できることも多くあります。しかし、セルフケアを行っても症状が改善しない場合は、早めに医療機関を受診してください。医療機関では問診・診察、検査を通して原因を特定の上、適切な処置を施してくれます。

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。