【頭皮の救世主】毛髪再生治療のすべて » はげてきた気がする…これは予兆?徹底調査 » 髪が細くなってきた

髪が細くなってきた

髪が細くなる原因

抜けた髪の毛をふと見てみると、髪の毛が細く、薄くなっていると感じることもあるのではないでしょうか。これもまた、はげの前兆ともいうべきものです。決して「抜けた毛がたまたま細かった」のではなく、そこには確かな理由があります。

栄養不足

AGAだけではなく、髪の毛の栄養不足も懸念されます。髪の毛もまた、栄養からできているものです。人間の場合、食事から栄養を体内に取り入れ、血液を通して体の中に循環させるものです。

つまり、髪の毛を作るための栄養が不足していれば、「髪の毛の原材料不足」となりますので、髪の毛が十分に成長できず、細いまま抜けてしまうことも考えられます。髪の毛はアミノ酸やたんぱく質によって作られていきますが、これらの成分は日常の食生活だけで十分に摂取することが難しいのが現状。

栄養だけにこだわると量を取らなければならないので摂取カロリーが増えてしまいますし、カロリーを気にすると栄養が摂取できないジレンマに陥りやすいので、サプリメント等で補っている人もいます。

血行不良

先に、髪の毛は栄養からできているとお伝えしました。栄養が偏っていれば、髪の毛の栄養不足から、髪の毛が細いまま抜けてしまいますが、十分な栄養を摂取していても、髪の毛が細いまま抜けてしまう可能性があります。

それが血行不良による影響です。髪の毛を作る「原材料」があっても、頭部に運ばれなければ意味がありません。しかし、血行不良で頭部まで栄養を運べない場合、栄養を摂取していても、栄養が頭部にまで回らず、結局のところ髪の毛が細いままとなってしまいます。

加齢

後天的に髪が細くなる原因として、まず考えられるのが加齢です。人間の体はある年齢を超えると、年をとるにつれて老化し、衰えていきます。これは、毛髪の育成にとって重要な要素となる、頭皮の毛細血管についても例外ではありません。毛細血管が衰え、機能が弱まっていくと、血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養が送られなくなっていきます。そうすると、新しい健康的な髪の毛を作るのに必要な栄養も不足してしまい、髪の毛が細くなっていってしまうのです。これを防ぐためには、血の巡りをよくすることが大切です。血流を良くするような食べ物を食べたり、こまめに運動をしたり、あるいはヘッドマッサージをしたりするなどして、できるケアは欠かさず行っていくようにするといいでしょう。

心的要因

髪の毛が細くなる要因の一つとしてあるのが、ストレスなどの心的要因です。人間の体というのは、ストレスがたまると新陳代謝が低下し、血液の流れが悪くなっていきます。この場合、最初に影響が出てくるのが、細い毛細血管。頭部は毛細血管が多く、ストレスがかかることで血液がうまく行き渡りにくくなり、発毛、育毛に必要な栄養が不足していってしまう、ということが原因となります。また、ストレスを抱え続けると、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスも崩れてしまいます。その場合、男性ホルモンのはたらきが活発になることで、発毛や育毛に必要な女性ホルモンがうまく機能しなくなり、髪の毛が細くなる、薄くなるといった原因につながることもあります。

生活習慣

生活習慣の乱れというのも、髪の毛にとっては決して良いことではありません。人間の体はタンパク質や炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養素を必要とし、それは髪の毛も例外ではありません。食事の偏りなどによってバランス良く栄養がとれていないと、髪の毛に必要な栄養が不足し、十分な状態で髪の毛が生えてこなくなったりします。これによって、髪の毛が細くなったり、薄くなったりしてしまうのです。また、脂肪分の多い食事をとり続けていると、血行が悪くなります。そうなると上記の理由同様、健康な髪の毛を作るために十分な栄養を頭皮まで届けられなくなってしまうのです。

そして、お酒の飲み過ぎやタバコの吸いすぎなども髪の毛には決してよくはありません。特にアルコールは、体内で分解される際に大量のビタミンや亜鉛などのミネラルを消費します。これらは髪の毛を作るためには欠かせない栄養素ですが、アルコールの分解に対して髪の毛よりも先に費やされるため、結果として髪の毛を作る分の栄養素が不足してしまいます。また、タバコも毛細血管の働きを悪くする、といわれています。アルコールやタバコを過剰に摂取しているということであれば、量やペースを見直してみることをおすすめします。

睡眠不足

睡眠も、発毛・育毛については重要な要素となります。髪の毛に限らず、人の体は基本的に、寝ている間に成長、回復していきます。つまり、睡眠時間が短かったり、睡眠の質が低かったりすると、それだけ体のリカバリーが行われず、発毛や育毛が阻まれてしまうということがあります。まずはゆっくりと眠れる環境を整えるのも、髪の毛にとっては大事なことです。

「細い」と感じたら早めの対策を

体質的に、もともと髪の毛が細いという人はいます。こうした人の髪の毛を太く強くするというのは困難だと言われています。もし自身の髪の毛が細いのがもともとの体質に起因するということであれば、それ以上髪の毛が細くならないよう、頭のマッサージをするなど、日頃のケアをしっかりと行っていくべきでしょう。ケアをしていくことで頭皮の状態を改善、維持していけば、髪の毛の量などはある程度現状を保っていけるかもしれません。

髪が細くなっている原因として考えられるのは、抜け毛を増やすAGAです。髪の毛の成長サイクル、「毛周期」が乱されることで、本来であればまだまだ成長段階にある毛の成長が止まり、薄く、細いまま退行してしまうのです。

髪の毛には毛周期が設定されています。もちろん目に見えるものではないのですが、太く、長くなる成長期を経て、それらが一段落する休止期、そして抜け落ちる対抗期の3つに分類することができるのですが、AGAの場合、成長期が短く、休止期や退行期に強制的に変化してしまうので、髪が細いまま抜け落ちてしまいます。

髪が細くなってきたら、
どうケアをすべきか

髪の毛が細くなっている場合、先に挙げたような原因が考えられますので、それらに関するケアが求められます。ではどのようなケアが求められるのでしょうか。

血行改善

血行改善がひとつの方法です。長時間同じ姿勢で仕事をこなしている人は、自分でも知らない間に体が凝っています。とくに凝るのが、首肩。頭部まで栄養を運ぶ際、必ず首肩を通りますので、首肩に疲労が蓄積されている場合、頭部へとうまく血液が回りません。

マッサージ等で体を揉み解すことで血行改善が期待でき、栄養が頭部にまで行き渡ります。

栄養補給

血行が改善されても栄養が足りていなければ意味がありませんので、栄養補給もまた大切なケアです。日常生活のなかだけで必要な栄養をすべて摂取することは難しいので、サプリメントをうまく活用することで、足りていない栄養をピンポイントで摂取できます。

ドラッグストア等でサプリメントだけでも販売されていますので、それらを食生活に組みこんで必要な栄養を満たしてみるのも良いでしょう。

髪が細くなることで
考えられる病気

髪が細いことで考えられるのは、先にも少し触れたようにAGAです。AGAによって髪の毛が細くなっている場合、AGA治療のケアが求められます。

一方で、髪の毛が細くなっていることになかなか気付けない人もいるのではないでしょうか。そこで、髪の毛が細くなっている事実にどのような点で気付けるのかをいくつか挙げてみるとしましょう。

スタイリングが決まらなくなった

それまでと同じようにスタイリングしているつもりでも、しっくりこない場合、髪の毛が細くなっていることが予想されます。

「それまでのスタイリング」は、それまでの髪の毛の太さに合わせたものです。細くなることで、それまでと同じスタイリングでは髪のわずかな重量や髪の隙間が変わるので、同じようにスタイリングを行っても違和感を覚えるようになります。

寝癖がひどくなっている

依然と比べて寝癖がダイナミックになっている場合もまた、髪の毛が細くなっていると予想されます。髪の毛が細くなることで、柔らかくもなります。

柔らかくなれば、それまでよりも曲がりやすいので、寝癖の際も細くなって柔らかくなってしまったぶん、豪快なものになりやすいです。特に髪の毛が長い場合、顕著です。

髪を太くする方法

AGA治療

髪の毛を太くするためには、髪の毛が細くなる原因をシャットアウトしなければなりません。髪の毛が細くなっているのはAGAの可能性が高い以上、AGA治療によって髪の毛を太くすることが可能です。

AGAの場合、継続しての治療になりますので時間はかかりますが、男性ホルモンを抑制するフィナステリドは効果が期待できますので、次第に髪の毛が太くなり、先に挙げたような細くなっているからこそ起きることも改善されていくでしょう。AGA治療はあくまでも医療行為なので、確かな効果が期待できる点もメリットです。

PRP

PRPとは、成長因子を頭皮に注入するものです。先に、髪の毛が細いのはAGAによってヘアサイクルが乱れているからだとお伝えしました。本来成長しなければならない段階の髪の毛が、AGAの影響により、細いままで抜け落ちてしまいます。

PRPは成長因子で成長を促進します。まさに、髪の毛が細くなっている原因に対しての正しいケアになりますので、髪の毛が再び成長段階に入り、太く逞しい髪の毛への成長が見込めます。

また、PRPにより頭皮の状態の改善効果も期待できます。とくに髪の毛が細い場合、頭皮が硬い、血行不良状態に陥っている方も珍しくなく、PRPによって成長因子を注入することで、体の中が刺激され、血行が改善されれば頭皮も柔らかくなり、毛髪が育つ「土壌」も整えられることでしょう。

毛髪再生治療
(PRP療法)に対応する
クリニック3選

毛髪再生治療(AGAやFAGA)の中でも、頭部に直接薬剤を打ち込むことでより発毛効果が得やすいといわれ注目を集めているのが「育毛メソセラピー」。
クリニックによって薬剤に違いがありますが、その中でも「薬剤に決まりがある」治療方法があります。その代表的なものとして、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」が上げられます。

「HARG療法」は他人の脂肪由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。
「PRP療法」は自分の血液から成長因子を抽出し頭皮に注入する方法です。
「BENEV療法」他人の皮膚由来幹細胞の培養上清液を頭皮に注入する方法です。

当サイトでは、自分の血液から作られるために副作用リスクが比較的低いPRPをオススメしています。

      毛髪再生治療でPRP(頭皮)の
届け出を提出している3院のご紹介
西日本
東日本
NDクリニック
NDクリニック
引用元HP:NDクリニック公式HP
https://nd-clinic.jp/mens/
クリニックの特徴
  • 薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック
  • 長年の経験とノウハウからレベルの高い再生治療を提供
  • PRP療法以外にも、複数の毛髪再生治療メニューを用意

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-93-2770

アヴェニュー
クリニック
アヴェニュークリニック
引用元HP:アヴェニュークリニック公式HP
https://www.a6-clinic.com/
クリニックの特徴
  • PRP治療と内服薬・外用薬とあわせて診療
  • しわ・たるみ改善など美容分野で、PRP療法の採用実績が豊富
  • カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応
  •                    

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-766-639

TOMクリニック
美容外科新橋院
TOMクリニック美容外科新橋院
引用元HP:TOMクリニック美容外科
https://www.tom-clinic.com/
クリニックの特徴
  • 男性だけでなく女性の利用も多いクリニック
  • リーズナブルな治療費が魅力
  • 発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応

公式HPで
費用を確認

TEL:0120-033-039

      ※HARG、PRP、BENEVはすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。費用は、税抜価格を掲載(税込表記のクリニックも一部ありますので、その際は「※税込み価格です。」とページ内に記載しています)。症状・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。 また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。